NextCloud で Office ファイルをオンライン編集

NextCloud が凄い。オンプレミスの NextCloud 上で、Office ファイル形式をオンライン編集出来る様にするためには、たった 2 個アプリをインストールするだけでした。

AMD64 アーキテクチャのサーバに限るが、自分が管理している NextCloud 上の管理者で「Community Document Server」と「ONLYOFFICE」の 2 アプリを導入するだけ。

これで、Excel ドキュメントなども、Google ドキュメントのようにオンライン編集が出来てしまう。

特にデフォルトでも日本語は化けなかったが、フォントメニューで日本語フォントを選択させる場合、Debian の場合だったら、

# apt-get install fonts-ipafont-gothic fonts-ipafont-mincho
$ occ documentserver:fonts --add /usr/share/fonts/opentype/ipafont-mincho/ipam.ttf
$ occ documentserver:fonts --add /usr/share/fonts/opentype/ipafont-mincho/ipamp.ttf
$ occ documentserver:fonts --add /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipag.ttf
$ occ documentserver:fonts --add /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipagp.ttf

としてあげるだけ。こんなに簡単で良いのだろうか・・・。

・追記

そんなに簡単にいくはずは無かった。確かにオンラインで編集は出来るけれど、NextCloud から該当ファイルをダウンロードすると、編集分が反映されていない事がある・・・。

Nextcloud で監査ログが出ないとき

Nextcloud 16 で、監査ログ (audit.log) が 0 バイトなのに気付いた。これを修正したときのメモ。

  1. あらかじめ、管理者権限で、「Auditing / Logging」アプリが有効になっているか確認する。

  2. config.php ファイルにおいて、log_type を file 、loglevel を 1 とする。例えば以下のようにする。

    'log_type' => 'file',
    'logdateformat' => 'Y-m-d H:i:s',
    'logfile' => '/path/to/nextcloud.log',
    'loglevel' => '1',
    'logtimezone' => 'Asia/Tokyo',
  3. 念のため、以下のコマンドで、監査ログの出力場所とファイル名を指定する。

    ./occ config:app:set admin_audit logfile --value=/path/to/audit.log

日本語のファイル名を含むような場合、audit.log は、以下のようにして読むと幸せになれそう。

cat audit.log | sed 's/\\\u\(....\)/\&#x\1;/g' | nkf --numchar-input -w | less

参考