MacBook Air (M1, 2020) を買いました

久々にわくわくする Mac が出たので購入しましたよ。M1 プロセッサ搭載の MacBook Air (GPU 8 コア / メモリ 16GB / SSD 500GB) を。

デスクトップピクチャは Yosemite 付属のこれが一番好き。

実に Mac を買うのが 8 年ぶりでして、最後に買ったのは iMac Late 2012 でした。

それからなんやかんやあって、心から欲しいと思う iMac も出ないまま 2020 年になったわけですが、その iMac も最新 OS のサポートから外れ、どうしてもモバイルしなければいけないときは、今となっては重量的にも動作的にもあらゆる意味で「重い」 MacBook Late 2008 Aluminum に Ubuntu インストールしたマシンで何とかやってきましたが、カバンに入れて持ち歩くと重すぎて肩が痛くてたまらない。

そろそろマシンどうしようかなぁと思っていたときに M1 プロセッサ搭載の MacBook Air ですよ! しかもそんなに高くない。(iMac 比)

発表されたその日の夕方頃、急に物欲が高まり発注、到着したのは 2020/11/22 でした。その間楽しみで凄くそわそわしてました。😊

Apple M1 って表示されてる。

プロセッサのアーキテクチャが全く変更になったので、今までの Intel プロセッサ向けアプリケーションは Rosseta 2 というレイヤーを通して実行されるので、若干パフォーマンスが悪くなっているはずなのですが、今の所それほどそれが重たい、と感じたことは無いですね。ATOK の最新版も動いていますし、今まで使っていたほとんどのアプリは実行できているようです。

これは買う前から分かっていたのですが、VMware Fusion などの x86 仮想化は動作しないようです。まぁ、Windows が必要なときは、iMac の仮想で動かせば良いだけだし。

なお、一番痛かったのは、MacPorts でビルドが失敗するパッケージがあったりすることでしょうか。これは時間がたてば無くなっていくのではと思っています。

あとは OS の Big Sur 。MacBook Air で使っていると、なんだかキーボードがある iPad を使っているような感覚に陥ります。それだけ macOS がどんどん iOS / iPadOS に近付いていると言うことでしょうか。そういえば、Big Sur では iOS / iPadOS アプリも動作しますしね。

液晶画面はとても綺麗です。余りに綺麗すぎて MacBook Air で作業をした後に iMac の画面を見るとなんだかぼやっとしているなあと感じ、早く Apple silicon 搭載の iMac 出ないかなと思ってしまうほどです。😅

MacBook Air には、USB-C ポートが 2 個しか無く Ethernet 端子もないので、とりあえず「Satechi Type-C 2-in-1 LANポート付き アルミニウム 3ポートUSB 3.0ハブ」を購入しました。近年 Wi-Fi が無いところも少なくなってきましたが、有線しか出来ないところでもこれでネットに接続できます。

小さいし、邪魔にならない。

ちなみにこれを使って有線でスピードテストを行った結果は以下のような感じです。

実用上十分な速度が出ていました。

使い始めてまだ 1 週間の MacBook Air 、久々に購入して凄く満足感を味わうことの出来る Mac です。