iTunes が不安定だったので、再インストール (macOS High Sierra)

macOS High Sierra のソフトウェアアップデートで提供された、「iTunes 12.7.4.76」だが、うちの環境ではアップデート後から iTunes がフリーズする現象が多発したため、再インストールをした。

/Applications/iTunes.app を Finder 上から削除しようとしたところ、アクセス権がないためか、削除できない。

アクセス権を与えようにも、どうも macOS の必須コンポーネントになっているものはアプリケーションを与えられないどころか、ターミナルから root 権限で削除しようとしても削除できない。

ああ、そういえば、rootless という機能の影響かなと思い、Mac を Command + R で起動後、「ユーティリティ」メニューから「ターミナル」を起動し、

cd /Volumes/Macintosh\ HD/Applications
rm -rf iTunes.app

でサクッと削除できた。

あとは、Apple のサイトから、iTunes をダウンロードし、ソフトウェアアップデートを行って、最新版の iTunes にアップデートしたところ、問題が解決した。

日本でも iTunes in the Cloud が開始に

なったらしいので、早速 iTunes や iOS デバイスの Store の設定を確認してみました。

以下のように、それぞれ今まで存在しなかった「ミュージック」の項目が増えて、選択できるようになっています。

ようやく音楽も、自分の持っている Apple ID でひも付けされたデバイスに自動ダウンロードできるようになり、利便性が上がりました。

iTunes 側の設定画面
「ミュージック」が追加になっています。
こちらは iPhone 側の Store 設定画面
同様に「ミュージック」の項目が追加に。

・追記

今まで日本の iTunes Store で配信されていた楽曲ですが、ほとんど DRM ありの 128kbps だったのが、今回の変更でいわゆる iTunes Plus 、DRM なし 256kbps になっている模様です。

しかし、だいぶん前にジョブズがプレゼンで iTunes Store での楽曲全てが iTunes Plus で提供されると述べていましたが、日本では無理かと思っていたので、かなりの月日が経ったとは言え、ようやく実現したと言うことは感慨深いです。

あとは、1 曲あたりの価格が ¥100 程度になれば言うこと無いけれど、でもこれももしかしたらやってくれるかもしれないと期待してしまいます。(たしか米国は 1 曲あたり 99 セント程度からだったと思います)

実際のところ、iTunes Store での楽曲配信が iTunes Plus となったことで、ようやく CD とまともに戦える状態になったのでは無いかと思います。