Z-Push を使って iPhone に独自ドメインメールを push 通知する

Z-Puzh」というオープンソースの ActiveSync 互換ソフトウェアを利用して、iPhone に自分が所有しているドメインのメールサーバについて、push 通知に成功したので、備忘録としておいておきます。

続きを読む

Apple ID の 2 ステップ認証から 2 ファクタ認証へのアップグレード

iOS 11 をインストールする場合、デバイスに紐付いている Apple ID が 2 ステップ認証 (iPhone を探す機能を用いたもの) で保護されている場合、2 ファクタ認証 (OS 組み込み) のものにアップグレードされられます。

実際には、画面の指示どおり進めていけば問題なく、難しいこともありません。

端的で言うと、「Apple のシステムを信じろ」、となるのかと思います。(笑)

私のところでも、今回、iPad 第 5 世代を iOS 11 にアップグレードするにあたって、2 ステップ認証から 2 ファクタ認証にアップグレードが発生しましたが、以下の様な形でした。

手持ちのデバイスは、iPhone, iPad, Mac ですが、このうち iPad を iOS 11 にアップグレードしました。

まず始めに、iPad の iOS 11 アップグレードプロセスで再起動後、2 ファクタ認証へ切り替わります。

このとき、手持ちの iPhone (iOS 10) の方でも、設定アプリにバッジが表示されるので、設定アプリより Apple ID のパスワードの認証が必要になります。

次に Mac (macOS Sierra) の設定アプリにもバッジが表示されるので、同様に設定アプリでの認証が必要になります。

このときややこしかったのが、Apple ID のパスワード、iPhone のパスコード、さらに、macOS の管理者のログインパスワード (自分が管理者の場合、ログインパスワードのこと。なお、この画面のみ英語表記。) を順番に入力する必要があったことです。

macOS のバージョンにもよるのかもしれませんが、上記作業の後、ゲストアカウントが有効になっていたりするので、注意が必要かと思いました。

あと、iOS デバイス側も Bluetooth が有効になったりするので、必要に応じて設定変更は必要かと思われます。

2 ファクタ認証にアップグレードすると、2 ステップ認証では意味があった「復旧キー」が不要になってしまうそうなので、アカウントへの信頼できるデバイスが全て失われた場合に備えて、自宅の音声電話も確認用の電話番号として登録して、とりあえず作業を完了しました。

2 ファクタ認証では、Apple ID でのログイン時 (Apple ID の管理サイトなど) に、Mac 側でも承認できるので便利ですね。

Apple のサポートを受けて本体交換した iPhone 6s の SIM ロック解除

キャリア (au) から購入した iPhone 6s について、購入から 180 日が経過したので、SIM ロックを解除しようとしたときのお話です。

今回、SIM ロックを解除した iPhone 6s は、前のエントリーの通りディスプレイへのホコリ侵入で、Apple のサポートを受けて本体交換になったものです。

そのため、キャリアが持っている、契約上の端末の IMEI 情報と、実際に所有している iPhone 6s の実際の IMEI とで違いが発生した模様で、キャリアの解除ページなどでは手持ちの交換後の iPhone 6s の SIM ロック解除申請ができませんでした。(IMEI 情報を入力しても、SIM ロック解除ができない端末と表示されてしまう)

が、キャリアのサポートの方と何回かメールでのやりとりを行うことで、数日程度で無事手元の iPhone 6s の SIM ロック解除が完了しました。

あとは、Apple のページにある、「iPhone のロックを解除して別の通信事業者でも使えるようにする方法 – Apple サポート」以下の情報を参考に、SIM ロックを解除した iPhone 6s のバックアップ、消去、復元を行ないました。

途中、復元プロセスで、今まで見たことがないような以下のような画面が出ましたが、これできっと SIM ロック解除が出来ているのでしょう。(現在、他社の SIM カードを持っていないので、他社でデータ通信などが出来るかは未確認)

(2016/12/06 追記)
英国へ行ったときに現地で購入した EE の SIM カードが使えたので、確かに SIM ロックは解除されていました。
(追記おわり)

復元プロセスで iTunes に表示された、ロック解除画面

復元プロセスで iTunes に表示されたロック解除画面
Apple のマークがちょっと前の世代のですね。

と言うことで、修理などで本体交換となった iPhone 6s でも、SIM ロック解除は出来ました。よかった、よかった。おしまい。

iPhone 6s のディスプレイにホコリが混入

気がついたら、iPhone 6s のディスプレイ内に、小さなホコリが入り込んでいました。

近くに正規修理取扱店もないし、真っ白い画面だと非常に気になるため、Apple の電話でのサポートに相談したところ、保証期間内での本体交換となりました。

Apple Care+ に入っていたので、エクスプレス交換サービスが無料で利用できて、スムーズに交換対応が出来て凄いと思いました。(購入時に Apple Care+ を付けようか迷って、購入 2 日後に付けたんですよね。あれは正しい判断でした。)

※ただ、製品交換という、結構環境負荷をかけている気がしなくも無いですけど・・・。

交換品は当たり前ながら、きれいなディスプレイです。iOS 9.0 だったので、一度新しい iPhone として設定して、iOS のアップデートを行ってから、バックアップデータをレストアして終了。

面倒なので、Wi-Fi や VPN の設定はプロファイルとして作成しているのですが、こちらだけは移行されませんでした。プロファイルも再インストールして、元通りです。

この辺りの楽さはさすが Apple と言ったところでしょうか。

iPhone 3GS からの、比較的長い iPhone 使用歴で、初めて修理 (と言うか交換) を受けましたが、電話サポートなのに、遠隔診断 (これは合理的なシステムだと思う) から交換という結論に至るまでの流れがスムーズでした。

iPhone 6s に機種変更しました

価格も結構高くなっているし、散々悩んだのですが、au Online Shop で iPhone 6s をファストクーポンありで発注し、無事納品されました。ちなみに、iPhone 5s からの機種変更で、2015/09/22 予約、2015/09/23 注文、2015/09/25 納品でした。

キャリア (au) 販売版と SIM ロックフリー版どちらかでも散々悩んだのですが、

となり、引き続き au で契約続行しました。

■データなどの移行

機種変更自体は、iTunes でバックアップしたデータで、新しい iPhone 6s に復元してあげれば、簡単に移行できます。(アプリの有料アドオンなどもそのまま有効となったまま移行されました。)

一部アプリ (例えば Google の Gmail や Amazon の Kindle 等のアプリ) については、そのサービスでのアカウントでアプリ側で再ログインが必要だったりします。

■ au 側での手続き

iPhone 5s からの機種変更 (というか手続き自体は機種増設) になるため、納品後は SIM を差し替えて、上記のデータ復元だけで使えます。

ただし、今回は iPhone 5s については au 側の下取りを利用したため、こちらのデータ消去などを実施して、au ショップへ手続きに行きます。(私が申し込んだときは郵送での下取りも可能でした。)

なお、この際注意したいところは、下取りに出す iPhone について AppleCare+ for iPhone に au で加入していて、まだ有効期限がある場合は、これを廃止した方が損をしません。(この記事を書いている 2015/09/26 時点で、au で加入した場合、これを廃止出来るのは au ショップだけのようです。)

あと、iPhone 6s は VoLTE に対応していますが、iPhone 5s で使用していた SIM をさしたところ、VoLTE を選択できない現象が発生しました。

具体的には、iPhone 6s 側で、4G の設定で「音声通話およびデータ」をタップすると「4G回線による通話機能をオンにできません。このアカウントで4G回線による通話機能をオンにするにはKDDIに問い合わせください。」と表示され、VoLTE を有効に出来ないというものです。

この場合は、au サポートに記載の「【iPhone 6/iPhone 6 Plus】VoLTEに切り替える設定中、「4G回線による通話機能をオンにできません」とエラーが表示される」の手順に従い、「ネットワーク設定オプション」を有効にして、数時間待ってから、iPhone 6s を再起動すると、無事に 4G の設定で「音声通話およびデータ」を選択することが出来ました。

■実際に iPhone 6s を使用してみた感じ

  • iOS 9 は iPhone 5s でも、ブラウジングの際に若干もたつきを感じていたのですが、iPhone 6s ではストレス無く操作できます。
  • Touch ID は iPhone 5s 比較で精度が格段に上がっていました。
  • 3D Touch は、思ったよりも強めに押し込む感じで操作するので、勢いが余ると液晶を割りそうです。(汗) (追記: 設定アプリ内、一般 → アクセシビリティ → 3D Touch の項目で、感度を変更できます)
  • 知人の iPhone 6 の液晶を見ていても思ったのですが、iPhone 5s よりも画面が大きいからか、許容レベルではあるが、若干液晶の輝度ムラがあるなぁ、と言う印象です。(ちなみに iPhone 5s の液晶は、若干黄色味な印象でしたが、iPhone 6s では白色でした。)
  • あと、これは環境によるものかもしれませんが、スリープからの復帰時に、若干もたつきを感じることがあります。

・・・

本当は、au 版 iPhone 5s の 2 年の契約縛りが切れた暁には mineo へ行く予定だったのですが、悲しいことに同社の動作検証ページによると、「au 版 iPhone 5s/5c だけ NG」ということで、この選択肢がなくなりました。

ともかく新しい iPhone 6s を買ってしまったので、その分を楽しみたいと思います。

・追記

  • 三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) でも動作できました。
  • 輝度ムラについては、店頭展示品の iPhone 6s や、知人の iPhone 6 でもあり、これはもう仕様なんじゃ無いかと考えました。主に主観に基づく部分でもありますし。(私が神経質なだけという可能性が高いです。)
  • 3D Touch の感度は設定から変更できました。一番軽めにしています。
  • ソフトウェア QWERTY キーボードが iOS 9 からデフォルトで小文字表記になりましたが、これは、設定アプリ内、一般 → アクセシビリティ → キーボードの「小文字キーを表示」をオフにすると、大文字で表示されます。
  • 2 日使用してみて、どうも薄くて曲げたり落としそうだったので、高くなって加入を躊躇していた Apple Care+ for iPhone にも Apple サポートで電話にて念のため加入しました。もはやお守り代わりですね。(^_^;) なお、電話が混雑していて忙しいからか (15 分程度待ちでした) 、上記ページに記載されているような購入日確認や、iPhone のリモート診断等は特にありませんでした。手続き自体は、電話で住所や氏名、電話番号、iPhone 6s の IMEI や、メールアドレス等を聞かれます。電話の後、伝えたメールアドレス宛に、クレジットカード決済用リンクが記載されたメールが届き、加入料はそこに記載されているウェブページで決済するかたちでした。

iPhone 5s を iOS8 へアップグレード

人柱上等で、iPhone 5s について、iOS7 からアップグレードしてみました。

結果から言うと、

  • 動作速度的にそんなに重くはならないです。ただし、以下にも書きますが、Wi-Fi ネットワーク接続が微妙です。

  • アップデート後、Wi-Fi 接続が非常に不安定でした。これは、ネットワーク設定をリセットすることにより大幅に改善されました。それでもやはり、未だに iOS7 のときよりも通信が引っかかる感じが残っています。(なお、Wi-Fi の接続性や、ストリーミングの再生など速度自体には問題は無い。)

  • アプリとの互換性は、私が使用している範囲において、基本的には問題なさそうですが、一部の古いアプリケーションで、標準キーボードで変換候補を出した際に、表示が乱れるという現象に遭遇しました。

  • Pod / iPhone 対応の三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) なのですが、Lightning ケーブルを使用して接続でき、動作もできました。

  • 今回のバージョンから、サードパーティのキーボードが解放されたので、試しに「mazec – 手書き日本語入力ソフト」を入れて見ました。入力の幅が広がるのは良いことだと思います。

iOS6 から iOS7 のような、見た目の大きな変化はないアップデートで、それゆえ余計に微妙な点が目立ちますが、OS X Yosemite がリリースされると、Mac との連携により、革新的な印象となるのかもしれません。

とりあえずは、Wi-Fi 関係がどうも微妙なので、アップデートで解決して欲しいと感じました。

iPhone 5s 上で、プレイリストに楽曲が表示されないとき

iTunes 上でプレイリストを作成しても、iPhone 5s 側で、楽曲が表示されない、という現象が発生しました。

プレイリストに表示されないのは、iTunes Store で購入した楽曲で、かつ、iPhone 5s 側でも自動的にダウンロードされたものでしたので、以下のようにすることにより、現象を回避出来ました。

20140125-01 iTunes 上では、プレイリストに 4 曲存在するのに・・・

20140125-02iPhone 5s のミュージックアプリでのプレイリスト表示では、
CD から取り込んだ楽曲しか表示されない。

私が取った回避方法は、以下の通りです。

    1. あらかじめ、iTunes Store から購入した楽曲はバックアップしておく。
    2. iTunes 上からも該当の楽曲を一時的に削除する。(必ず別の場所にバックアップしておく)
    3. iPhone 5s 上から、問題の楽曲を削除する。
    4. iPhone 5s の設定より「iTunes & App Store」をタップし、全てを表示、および自動ダウンロードの項目について、全てオフとする。

      20140125-03

    5. iTunes より iPhone 5s を同期する。
    6. 2 の項目でバックアップしておいた楽曲を iTunes にインポートして、プレイリストを作成し、再び iPhone 5s を同期する。

私の場合、この方法で何とか解決しました。

こうなる原因は不明ですが、iOS デバイス側でも購入楽曲を自動的にダウンロードする機能があるのですが、該当楽曲については、これが上手くいっていなかったもようです。

そこから推測するに、もしかすると iTunes Store から購入した楽曲が、iTunes 側、iOS デバイス側にそれぞれあらかじめダウンロードされているような場合に起きているような気もします。

予防的には、iTunes Store での購入については、iTunes 上で行い、それを iOS デバイスに転送する、一方通行の流れにした方が安全かもしれないと感じました。

Belkin iPhone5 用ドックスタンドを iPhone 5s で使う

最近 iPhone 5s に機種変したのですが、今までずっと Dock で充電していたので「Belkin : iPhone5用ドックスタンド」を買ってみました。

これは、iPhone 5s 本体付属の Lightning ケーブルを Dock に挟み込むことで、iPhone の固定と充電を行うものです。(ちなみに Dock 側には収納可能なヘッドフォンのピンもあり、これも使用すると Dock 後ろのヘッドフォン端子から音楽を聴けるほか、iPhone の固定度が上がります。)

この Dock の何が嬉しいかというと、私のようなバンパーケース派でも、ケースを外すこと無く iPhone を立てて充電出来るという点です。(ちなみに私はパワーサポート社のフラットバンパーを使用)

なお、一応 Dock の後ろに背もたれのような部分があるのですが、iPhone に装着するケースによっては全く接せず、事実上 Lightning コネクタだけで iPhone 本体の重量を支えているようなかたちになるので、私の場合は、ホームセンターで粘着タイプのクッション材 (数百円程度) を買ってきて、これを貼りました。

20131223-01黒くてわかりにくいですが、上部に 2 つ、クッション材を貼りました。

これで少しは Lightning コネクタにかかる力が軽減出来るのでは無いかと思います。

20131223-02実際に iPhone 5s + フラットバンパーで接続したところ。
上記のように隙間にクッション材がぴったり入って良い感じになりました。

iPhone が iTunes で Wi-Fi 同期出来ない場合

度々発生する、iPhone 等の iOS デバイスが iTunes で Wi-Fi 同期出来ない問題、私の環境では以下にて解決しましたので、そのメモです。

どうやら、Mac 側の IPv6 をオフにしていると問題が発生するようです。従って、下記のように「システム環境設定」の「ネットワーク」から「IPv6 をリンクローカル」のみの設定にしてあげます。

なお、既に IPv6 に何か情報が入っていたら、この設定は行わないでください。

20131211-01現在接続されているネットワークアダプタの「詳細…」をクリックします。

20131211-02TCP/IP タブを選択します。
IPv4 の設定は変更しません。
IPv6 の設定を「リンクローカルのみ」とします。

何故この解決策に気付いたかというと、うちのネットワークは LAN 内で IPv4 と IPv6 の両方が使用可能なのですが、Mac 側で意図的に IPv6 を切っている際に、iTunes が iPhone をネットワーク上で見つけられないが、IPv6 をオンにしたとたん見つける、と言う現象が発生したためです。

ちなみに IPv6 を「リンクローカル」設定にしても、外部との通信に IPv6 が使用されることはありません。

もしかすると、IPv4 のみのネットワークでは、こう言ったことは発生しないのかもしれませんが、参考までに。

・追記 (2014/07/19)

再度不具合が生じたので、調べてみたら「iTunesのWifi同期が不安定な場合はルータの設定を疑うと良いかも | Res-Log」の通りでした。

うちのネットワークには、無線 AP (ブリッジ) として、BUFFALO 製の機器があるのですが、上記サイトの通り該当項目のチェックを外したところ、全 iOS デバイスが認識されました。

それにしても、上記機器は 2.5GHz 帯で利用 (それしか対応していない) していて、これとは別に他社製の 5GHz 帯用の AP もあり、5GHz 帯で接続している iOS デバイスも見当たらないとか、よく解らない挙動だなぁ。

LaLa Call: iOS 版バッテリーの減りは・・・。

とりあえず、iPhone 4S に、「LaLa Call アプリ」をバックグラウンド起動して一日、普通に運用してみました。

20131112-01

上記のように、満充電の状態から、おおよそ 12 時間後ぐらいで、80% 台後半ぐらいかなぁ、という感じです。ただしこの値は、ほとんど iPhone を操作していない状態のものですので、ご注意を。