Apple ID の 2 ステップ認証から 2 ファクタ認証へのアップグレード

iOS 11 をインストールする場合、デバイスに紐付いている Apple ID が 2 ステップ認証 (iPhone を探す機能を用いたもの) で保護されている場合、2 ファクタ認証 (OS 組み込み) のものにアップグレードされられます。

実際には、画面の指示どおり進めていけば問題なく、難しいこともありません。

端的で言うと、「Apple のシステムを信じろ」、となるのかと思います。(笑)

私のところでも、今回、iPad 第 5 世代を iOS 11 にアップグレードするにあたって、2 ステップ認証から 2 ファクタ認証にアップグレードが発生しましたが、以下の様な形でした。

手持ちのデバイスは、iPhone, iPad, Mac ですが、このうち iPad を iOS 11 にアップグレードしました。

まず始めに、iPad の iOS 11 アップグレードプロセスで再起動後、2 ファクタ認証へ切り替わります。

このとき、手持ちの iPhone (iOS 10) の方でも、設定アプリにバッジが表示されるので、設定アプリより Apple ID のパスワードの認証が必要になります。

次に Mac (macOS Sierra) の設定アプリにもバッジが表示されるので、同様に設定アプリでの認証が必要になります。

このときややこしかったのが、Apple ID のパスワード、iPhone のパスコード、さらに、macOS の管理者のログインパスワード (自分が管理者の場合、ログインパスワードのこと。なお、この画面のみ英語表記。) を順番に入力する必要があったことです。

macOS のバージョンにもよるのかもしれませんが、上記作業の後、ゲストアカウントが有効になっていたりするので、注意が必要かと思いました。

あと、iOS デバイス側も Bluetooth が有効になったりするので、必要に応じて設定変更は必要かと思われます。

2 ファクタ認証にアップグレードすると、2 ステップ認証では意味があった「復旧キー」が不要になってしまうそうなので、アカウントへの信頼できるデバイスが全て失われた場合に備えて、自宅の音声電話も確認用の電話番号として登録して、とりあえず作業を完了しました。

2 ファクタ認証では、Apple ID でのログイン時 (Apple ID の管理サイトなど) に、Mac 側でも承認できるので便利ですね。

Echofon (iOS 版) でアプリ内購入の広告除去がレストアできない件

iPad2 を初期化して、既存のバックアップから復元せず、新しく設定した状態で、iOS の Twitter クライアント「Echofon」をインストールした場合、課金済みの「広告除去」がレストアできない現象が発生しました。

続きを読む

mora で購入した楽曲を iOS デバイスで再生できる形式に変換する

ffmpeg を使用して mora で購入した DRM フリーの mp4 ファイルから m4a ファイルを再エンコードせずに作成するメモ。

ffmpeg -i infile.mp4 -map_meta_data 0:0,s0 -acodec copy outfie.m4a

この方法では、メタデータはコピーされるものの、アルバムアートワークは失われるので注意が必要。

・追記

この方法で、iOS デバイスで再生できるのだけど、例えば、プレイリストを作成してシャッフル再生している場合、なぜか mora 購入楽曲の一部がスキップされてしまうと言う謎現象が発生した。mora のファイルが変なのか、iOS 側のバグなのか・・・。

・更に追記

多分 ffmpeg のバージョン違いによるものと思うが、上記の方法ではエラーとなる局面に遭遇した。この場合、意図的にビデオトラックを取り扱わないような指定をすることで変換できた。(この方法でもアルバムアートワークは失われるが、メタデータは引き継がれた。)

ffmpeg -i infile.mp4 -vn -acodec copy outfie.m4a

・更に更に追記 (2013/10/19)

普通のブラウザから mora を利用したのだが、ダウンロードされる楽曲ファイルの拡張子がそれまでの mp4 から m4a に変更になっていた。

mora の「ダウンロード関係のお問い合わせ」のページによれば、拡張子を m4a や m4v に変更したとのことが記載されていた。Apple 製品のユーザとしては、これは嬉しい。

・更に更に更に追記 (2013/10/19)

えー、mora で購入した、拡張子 m4a なファイルを iTunes から iOS 7 な iPhone 4S へ転送は確認できました。転送は出来るんですよ。でも iOS 7 で再生できない。

と言うわけで、やはり「更に追記」の項目の変換作業 (実体は AAC オーディオデータを抜き出して、別の m4a ファイルとして出力しているだけ) を行うと、このファイルは iOS 7 上でもちゃんと再生できた。

楽曲の AAC データ自体に問題は無いようなので、それ以外の部分で iOS 7 が認識できないファイルフォーマットとなっているような印象。Apple が悪いのか、それとも Sony が意地悪しているのかどっちだろうか。

iOS 6 にアップデートしてから iTunes で Wi-Fi シンクが出来ない

という問題が発生しており、私の環境での、その暫定的な回避方法。

  1. Mac でネットワーク設定を複数作っておく。(同一内容で良いが、片方は IPv6 を ON 、片方は IPv6 を OFF などちょっと変更しておく。
  2. iTunes を起動して、iOS 6 デバイスを認識しない場合は、ネットワーク設定を別に作ったものに切り替える。
  3. すると iTunes 上の「デバイス」欄に iOS デバイスが表示され、同期できる。

これ、iOS 6 か iTunes 側のバグだと思うのだけど・・・。OS が Snow Leopard だからとかそんな理由だったら悲しい。

AVN111M の純正 iPhone / iPod 接続ケーブルの意味は・・・

突然ですが、三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) には、

  • USB メモリを接続して MP3 / WMA フォーマット楽曲を再生する
  • iPod / iPhone との接続が可能

という機能があります。この機能を使うと、iPhone でシガレットソケットに接続した FM トランスミッタ経由で音質を劣化させたりしたものを聴くとか、はたまたわざわざ CD-R に焼いたりする手間もなく、車の中でもお気に入りの楽曲 (まぁ、主にアニソンと洋楽ですが) がクリアに聴けてとてもゴキゲンです。

で、ケーブルだけ後付けしてそういう環境にしたわけですが、USB メモリだけだとオプションのUSB 接続コード (USB111) のみが必要、iPhone / iPod の接続にはさらにこれまたオプションの iPhone/iPod 接続コード (IPC110) が必要となっています。

前者はそもそも汎用的な USB ポートをカーナビに設けるのに必須のケーブルなのですが、後者のケーブル、少なくとも私の iPhone 3GS では必ずしも純正ケーブルではなくてもカーナビと接続できました。(充電もちゃんと出来ています。)

これが純正ケーブルの IPC110 。
何というか、ちょっと高くて丈夫な USB-Dock ケーブルを購入しただけのような気が・・・。

こうなってくるとこの IPC110 の存在意義は・・・。しかも、純正バンパーを装着した iPhone 4S との接続の場合、物理的に干渉して接続できないし。

もしかしたら、他の iPod 等ではこのケーブルでないと問題が生じるのかもしれないですが、私の場合、このケーブルは完全に無駄な買い物だったのか・・・。先に汎用的なケーブルで試しておけば良かったと後悔。

日本でも iTunes in the Cloud が開始に

なったらしいので、早速 iTunes や iOS デバイスの Store の設定を確認してみました。

以下のように、それぞれ今まで存在しなかった「ミュージック」の項目が増えて、選択できるようになっています。

ようやく音楽も、自分の持っている Apple ID でひも付けされたデバイスに自動ダウンロードできるようになり、利便性が上がりました。

iTunes 側の設定画面
「ミュージック」が追加になっています。
こちらは iPhone 側の Store 設定画面
同様に「ミュージック」の項目が追加に。

・追記

今まで日本の iTunes Store で配信されていた楽曲ですが、ほとんど DRM ありの 128kbps だったのが、今回の変更でいわゆる iTunes Plus 、DRM なし 256kbps になっている模様です。

しかし、だいぶん前にジョブズがプレゼンで iTunes Store での楽曲全てが iTunes Plus で提供されると述べていましたが、日本では無理かと思っていたので、かなりの月日が経ったとは言え、ようやく実現したと言うことは感慨深いです。

あとは、1 曲あたりの価格が ¥100 程度になれば言うこと無いけれど、でもこれももしかしたらやってくれるかもしれないと期待してしまいます。(たしか米国は 1 曲あたり 99 セント程度からだったと思います)

実際のところ、iTunes Store での楽曲配信が iTunes Plus となったことで、ようやく CD とまともに戦える状態になったのでは無いかと思います。

「ゆるゆり 絵コンテアプリ」が公開に

かねてより、1 月末にリリースと告知されていた「株式会社動画工房 ゆるゆり 絵コンテアプリ」がついに iTunes Store でダウンロード可能になっていました。

3 月 6 日までの期間限定とは言え、¥350 の半額セール価格での発売で、収録コンテ話数は 1 話のみです。

つまり、新しい話数のコンテが常に期間限定セール価格で出ると仮定した場合は、全 12 話で ¥4,200 となるわけですが、まずは 1 話の内容を見ている限りでは、それなりの価値はありそうな内容です。(ただ、2 話以降が、¥700 での販売であれば、合計 ¥8,050 なので、ちょっと釣り合いが取れないかもしれません・・・。この値段であれば、普通に紙媒体で出していただきたいです。)

絵コンテと、原画・作監修が閲覧できるのですが、絵コンテ 131 ページ、それに関連する原画・作監修 1,261 枚と言うボリュームな上、それらがきれいに画像化されています。

また、特筆すべきは、カットを閲覧している際のアクションチェックモード。このモードに対応しているカットでは、パラパラマンガ的に前後の原画を表示して、動きを確認することが出来ます。なかなか面白い機能だと思いました。

iPhone はもちろん、iPad にもネイティブ対応しているのも、何気に嬉しいところです。iPad をお持ちの方は、是非 iPad の大きな画面で閲覧することをおすすめします。

なお、アプリそのものは、iTunes Store から通常通り購入しますが、データについては、別途アプリ起動後、閲覧したい話数 (重ね重ねですが現段階では第 1 話のみですが) を選択することで、サーバよりダウンロードされる仕様のようです

このような仕様になっている理由ですが、おそらく、アプリにデータを内蔵してしまうと、簡単に生データが抽出できてしまうため、その対策では無いかと思われます。

上記訂正です。確かにアプリの原画ダウンロード中の画面で、Wi-Fi 経由でネットワーク接続を行っていないと、データをインストール出来ないのですが、どうも 50MB 近いデータをネットからダウンロードしているような感じがしないことから、アプリケーション本体を確認してみたところ、データは内包されていました。

詳しくは調べていないので何とも言えませんが、実際にはダウンロード中の画面では、ネット経由で何らかの認証などを行っているのか、はたまた、実際には内部データの展開をしているかのように思われます。

しかし、リリースノートで、データのダウンロードで問題が生じた修正を行ったとあるので、今回はとりあえずデータをアプリ内蔵として、今後は、ダウンロード方式に切り替えると言うことかな ?

iOS デバイスを所有しているゆるゆりのアニメファンの方、今回は期間限定で安いので、ダウンロードしてみてはいかがでしょう ? ミラクるんの変身シーンも収録されていますし。

最近スタートレック分が少ないので

Star Trek PADD」を購入してみた。iPad 上で Star Trek のデータベースを LCARS インタフェースで閲覧する、という体験ができるアプリ。

しばらく放置しておくと、USS ENTERPRISE NCC1701D のワープコアのスキャン画面や、船内図が出たりする。

収録されている内容に関しては、それぞれのセクションごとにアルファベット順に並んでいる。また検索も可能。ただ、エピソードガイドに関しては、シリーズごとに分ける、放映順に並び替えるなどができないので、目的の情報には辿り着きにくいように感じた。(ゆえに、どれほど網羅されているかよく分からない)

せっかく iPad にはマイクも付いているので、音声コマンド入力もできたら面白いのに、と思った。

と言うか、LCARS のインタフェースだが、なんかこう、すごく忙しない。これはお遊びだから良いけど、現実のコンピュータのインタフェースがこれだったら、眼を酷使しそうだし、音も頻繁に鳴るので、精神を病みそう。(あ、このインタフェースに耐えることができるものだけが連邦士官になれるのか・・・)