cups から AirMac Extreme で共有されているプリンタに印刷および再度共有する設定メモ

表題の通り、cups が動作している Linux マシンから、AirMac Extreme に接続されているプリンタに印刷する設定である。

なお、例によって、Debian GNU/Linux 9 での設定例である。サーバは、192.168.1.1 、共有プリンタが接続されている AirMac Extreme は 192.168.1.2 とする。

・事前準備

iptables などでフィルタリングしている場合、あらかじめサーバから TCP 192.168.1.2:9100 宛への通信を許可する。

・cups のインストール

# apt-get install cups

・管理ユーザの設定

# adduser username lpadmin

cups の Web インタフェースへ管理画面接続可能な様に、任意の管理者ユーザ (この例では username) を lpadmin グループに所属させる。

・リモートのブラウザから設定

$ ssh -L 8080:127.0.0.1:631 username@192.168.1.1

リモートから、サーバ (この例では 192.168.1.1) の 631 ポートへポートフォワードし、ssh 接続する。

・ブラウザで、http://127.0.0.1:8080/ を開き cups の設定を行う

「管理」メニューより、以下の通り進める。なお、BASIC 認証画面が出たら、「管理ユーザの設定」の項目ででっていしたユーザ名とパスワードで認証する。

  1. 「このシステムに接続されているプリンターを共有」にチェックを入れる。
  2. プリンターの追加を選択。
  3. その他のネットワークプリンター内「AppSocket/HP JetDirect」にチェックし、「続ける」をクリックする。
  4. 接続に「socket://192.168.1.2:9100」の様に入力し、「続ける」をクリックする。
  5. 名前は適当にプリンタ名、説明も適当にメーカ名 + プリンタ名、場所もやっぱり適当に入力し、このプリンターを共有するにチェックを入れ、「続ける」をクリックする。
  6. AirMac Extreme に接続されているプリンタのメーカ名を選択し「続ける」をクリックする。
  7. AirMac Extreme に接続されているプリンタのモデルを選択し「プリンターの追加」をクリックする。
  8. 該当プリンタのデフォルトの設定画面が表示されるので、必要に応じて変更し「デフォルトオプションの設定」をクリックする。

・テスト印刷

「プリンター」メニューより、先ほど追加したプリンタを選択し「メンテナンス」内「テストページの印刷」を選択して、正しくプリントアウトされることを確認する。

・共有について

該当 Linux マシンには avahi をインストール済みのため、ローカルネットワークからサーバ TCP 631 宛の通信を許可するだけで、macOS から IPP 経由で印刷できるようになったりする。

ちなみに上記の設定だけで、iOS デバイスから AirPrint 可能なデバイスとして認識される。が、正常に印刷が出来たのは iOS 6 の端末のみで、iOS 11 からは正しく印刷できなかった。

・参考にさせていただいたサイト

Z-Push を使って iPhone に独自ドメインメールを push 通知する

Z-Puzh」というオープンソースの ActiveSync 互換ソフトウェアを利用して、iPhone に自分が所有しているドメインのメールサーバについて、push 通知に成功したので、備忘録としておいておきます。

続きを読む

Apple ID の 2 ステップ認証から 2 ファクタ認証へのアップグレード

iOS 11 をインストールする場合、デバイスに紐付いている Apple ID が 2 ステップ認証 (iPhone を探す機能を用いたもの) で保護されている場合、2 ファクタ認証 (OS 組み込み) のものにアップグレードされられます。

実際には、画面の指示どおり進めていけば問題なく、難しいこともありません。

端的で言うと、「Apple のシステムを信じろ」、となるのかと思います。(笑)

私のところでも、今回、iPad 第 5 世代を iOS 11 にアップグレードするにあたって、2 ステップ認証から 2 ファクタ認証にアップグレードが発生しましたが、以下の様な形でした。

手持ちのデバイスは、iPhone, iPad, Mac ですが、このうち iPad を iOS 11 にアップグレードしました。

まず始めに、iPad の iOS 11 アップグレードプロセスで再起動後、2 ファクタ認証へ切り替わります。

このとき、手持ちの iPhone (iOS 10) の方でも、設定アプリにバッジが表示されるので、設定アプリより Apple ID のパスワードの認証が必要になります。

次に Mac (macOS Sierra) の設定アプリにもバッジが表示されるので、同様に設定アプリでの認証が必要になります。

このときややこしかったのが、Apple ID のパスワード、iPhone のパスコード、さらに、macOS の管理者のログインパスワード (自分が管理者の場合、ログインパスワードのこと。なお、この画面のみ英語表記。) を順番に入力する必要があったことです。

macOS のバージョンにもよるのかもしれませんが、上記作業の後、ゲストアカウントが有効になっていたりするので、注意が必要かと思いました。

あと、iOS デバイス側も Bluetooth が有効になったりするので、必要に応じて設定変更は必要かと思われます。

2 ファクタ認証にアップグレードすると、2 ステップ認証では意味があった「復旧キー」が不要になってしまうそうなので、アカウントへの信頼できるデバイスが全て失われた場合に備えて、自宅の音声電話も確認用の電話番号として登録して、とりあえず作業を完了しました。

2 ファクタ認証では、Apple ID でのログイン時 (Apple ID の管理サイトなど) に、Mac 側でも承認できるので便利ですね。

Raspberry Pi 2 Model B を AirPlay サーバに (Shairport Sync 利用編)

Raspberry Pi 2 Model B を AirPlay サーバに」で、「ShairPort」を使用して、AirPlay サーバを設定したのですが、以下の点で、若干問題が生じたのと、気になっていた点がありました。

  • iOS デバイス側で曲をスキップすると、再生が止まってしまう。
  • サーバ側で UDP ポートについて広い範囲で入力を許可としないといけない。

派生版 (?) の「Shairport Sync」を使用してみたところ、これらの問題を解決することが出来ました。


■前提条件

Raspberry Pi 2 Model B を AirPlay サーバに」の「ALSA の設定」の項目の設定が全て完了し、また前回と環境も同じであることとなります。

続きを読む

Raspberry Pi 2 Model B を AirPlay サーバに

何本煎じのネタかわからないぐらい情報がありますが、自分自身で Raspberry Pi 2 Model B 上の Debian GNU/Linux 8 (Raspbian ではない) のシステムに、「abrasive/shairport · GitHub」をインストールした際の記録です。

手元の iOS デバイスの音楽を、iOS デバイスと同一ネットワーク内のサーバに接続した USB-DAC 経由でスピーカーから流す、と言うのを行いました。

なお、サーバには既に avahi-daemon が設定済みであることが前提です。

続きを読む

Echofon (iOS 版) でアプリ内購入の広告除去がレストアできない件

iPad2 を初期化して、既存のバックアップから復元せず、新しく設定した状態で、iOS の Twitter クライアント「Echofon」をインストールした場合、課金済みの「広告除去」がレストアできない現象が発生しました。

続きを読む

iPhone 5s を iOS8 へアップグレード

人柱上等で、iPhone 5s について、iOS7 からアップグレードしてみました。

結果から言うと、

  • 動作速度的にそんなに重くはならないです。ただし、以下にも書きますが、Wi-Fi ネットワーク接続が微妙です。

  • アップデート後、Wi-Fi 接続が非常に不安定でした。これは、ネットワーク設定をリセットすることにより大幅に改善されました。それでもやはり、未だに iOS7 のときよりも通信が引っかかる感じが残っています。(なお、Wi-Fi の接続性や、ストリーミングの再生など速度自体には問題は無い。)

  • アプリとの互換性は、私が使用している範囲において、基本的には問題なさそうですが、一部の古いアプリケーションで、標準キーボードで変換候補を出した際に、表示が乱れるという現象に遭遇しました。

  • Pod / iPhone 対応の三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) なのですが、Lightning ケーブルを使用して接続でき、動作もできました。

  • 今回のバージョンから、サードパーティのキーボードが解放されたので、試しに「mazec – 手書き日本語入力ソフト」を入れて見ました。入力の幅が広がるのは良いことだと思います。

iOS6 から iOS7 のような、見た目の大きな変化はないアップデートで、それゆえ余計に微妙な点が目立ちますが、OS X Yosemite がリリースされると、Mac との連携により、革新的な印象となるのかもしれません。

とりあえずは、Wi-Fi 関係がどうも微妙なので、アップデートで解決して欲しいと感じました。

IPsec で sending notification INVALID_PAYLOAD_TYPE to aaa.bbb.ccc.ddd

と言うメッセージが出て、Debian GNU/Linux squeeze なサーバに、iOS デバイスや、OS X から IPsec にて接続出来ない現象が発生しました。

どうやら、openswan のバージョンが「1:2.6.28+dfsg-5+squeeze2」だと、同じ設定でそれ以前のバージョンで上手く接続出来ていても、問題が起こるようです。

と言うことで、

# apt-cache showpkg openswan
# apt-get install openswan=1:2.6.28+dfsg-5+squeeze1

としたらなおりました。

念のため、

# echo openswan hold | dpkg --set-selections

しておきました。

iPhone 5s 上で、プレイリストに楽曲が表示されないとき

iTunes 上でプレイリストを作成しても、iPhone 5s 側で、楽曲が表示されない、という現象が発生しました。

プレイリストに表示されないのは、iTunes Store で購入した楽曲で、かつ、iPhone 5s 側でも自動的にダウンロードされたものでしたので、以下のようにすることにより、現象を回避出来ました。

20140125-01 iTunes 上では、プレイリストに 4 曲存在するのに・・・

20140125-02iPhone 5s のミュージックアプリでのプレイリスト表示では、
CD から取り込んだ楽曲しか表示されない。

私が取った回避方法は、以下の通りです。

    1. あらかじめ、iTunes Store から購入した楽曲はバックアップしておく。
    2. iTunes 上からも該当の楽曲を一時的に削除する。(必ず別の場所にバックアップしておく)
    3. iPhone 5s 上から、問題の楽曲を削除する。
    4. iPhone 5s の設定より「iTunes & App Store」をタップし、全てを表示、および自動ダウンロードの項目について、全てオフとする。

      20140125-03

    5. iTunes より iPhone 5s を同期する。
    6. 2 の項目でバックアップしておいた楽曲を iTunes にインポートして、プレイリストを作成し、再び iPhone 5s を同期する。

私の場合、この方法で何とか解決しました。

こうなる原因は不明ですが、iOS デバイス側でも購入楽曲を自動的にダウンロードする機能があるのですが、該当楽曲については、これが上手くいっていなかったもようです。

そこから推測するに、もしかすると iTunes Store から購入した楽曲が、iTunes 側、iOS デバイス側にそれぞれあらかじめダウンロードされているような場合に起きているような気もします。

予防的には、iTunes Store での購入については、iTunes 上で行い、それを iOS デバイスに転送する、一方通行の流れにした方が安全かもしれないと感じました。

iPhone 4S を iOS7 へアップグレード

人柱上等で iOS6 からアップグレードしてみました。

私の使用状況で、結果から言うと、

  • そんなに重くはないです。(ただし、アップデート直後は結構本体が熱くなるので、何らかの処理は走っているかもしれないが、それはその時だけで、通常使用の際は特に問題ない)

  • しかし、メモリ不足の感は否めません。例えば、他のアプリを起動して、タスクスイッチして別アプリに移動して戻ってくると再読込していることが多くなった印象です。

  • アプリの互換性の問題は、今の所感じてはいません。また、リモコン等のアクセサリ類との互換性問題も発生していません。

  • UI デザインはまぁ、慣れの問題だと思います。

  • コントロールセンターが便利です。ただ、ここに VPN の ON / OFF も入れて欲しかったですね。(欲を言えば、カスタマイズできると更に良い)

  • 通知センターは、今までのになれていたので、なんだか違和感はあります。(表示する情報量が増えたので、縦が短い iPhone 4S だと余計に見にくいのかもしれません。) あと、通知のタイミングですが、通知が実際にあった際、音が鳴ってから、通知センターに表示されるまで、若干タイムラグがあることがありました。

  • 文字サイズの変更が出来るようになったのは大きいと思います。これはシニア層がスマートフォンと使用する場合、老眼等で文字が小さすぎ、と言うことをよく聞いていたので、全てのアプリで文字サイズ変更できるようになれば、とても良いことだと思います。

  • iPod / iPhone 対応の三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) なのですが、特に問題なく使用できました。また、iOS6 の際は「アクセサリ接続中」という表示でしたが、iPhone 側から逆に再生、停止などの操作ができるようになっていました。

という感じです。

・・・

ああ、iPhone 5s シルバーが欲しい・・・。