iMac 21.5-inch, Late 2012 で仮想化は重いか

完全に主観で書きます。全然重くないです。ただし、メモリはたくさん積んだ方が良いでしょう。

うちの iMac 12.5-inch, Late 2012 の構成ですが、以下のようになっています。

  • ハードウェアは、3.1 GHz Intel Core i7 + 16 GB 1600 MHz DDR3 + 1TB Fusion Drive 。
  • ソフトウェアは OS X 10.8.2 + VMware Fusion 4.14 。

この環境で Windows 7 Professional (x64) を仮想マシンで動作させていますが、重いと感じたことはほとんど無いです。

※例外は 3D グラフィックが必要なゲームとか、とにかくグラフィックを酷使するようなものぐらいです。

ちなみに、仮想マシンへのリソースの割当はプロセッサは 2 個、メモリは 4GB としており、以前動作させていた Core2Duo 2GHz + 4GB メモリの「実機」 (MacBook 13-inch, Aluminum、Late 2008 の BootCamp で起動していた) よりも、Windows エクスペリエンス インデックスの値は良いです。

※でも 3D ゲームの類は GPU が実際に存在している実機の方が体感的なパフォーマンスは良かったことは確か。

20130126-01こちらが現在仮想上マシン上で動作している Windows 7 Professional の
Windows エクスペリエンス インデックスの値。

20100120-03参考までにこれが先の実機で動いていたときの、Windows 7 Professional の
Windows エクスペリエンス インデックスの値。

上記のような感じなので、iMac 21.5-inch, Late 2012 で仮想化を考慮する場合は、CPU の速さも重要と思われますが、それよりも、いかにたくさんのメモリを搭載するか、と言うことが重要なのでは無いかと思われます。

特に今回の iMac 12.5-inch は、ユーザでメモリの増設が出来ないので、私も購入時にこの部分は奮発しています。

なお、最初に書いたとおり、完全に主観ですので、用途によっては感じ方は変わってくると思いますのでご注意を。

OSX Mountain Lion: Safari 6 のフォント変更など

iMac Late 2012 にメインマシンをリプレースしたので、OS も Snow Leopard から Mountaion Lion へとアップグレードで、一番やっかいだったのが、Safari 6 。フォントが調整できないので困った。

と言うわけで、自分用 CSS を覚書に。

body {
font-family: "Lucida Grande", sans-serif;
font-size: 90%;
}

これで、だいぶんサイトが見やすくなった。

それにしても、散々言われているんだろうけど、ブラウザからフォント設定メニューを無くすとか、何を考えているのか解らないなぁ。

iMac 21.5-inch, Late 2012 が納品されたよ !!

iMac 21.5-inch, Late 2012 に乗り換えました !!

iMac 17-inch, Late 2006 からの乗り換えで、実に 6 年ぶりの新しいデスクトップ Mac で画面も広くなり、CTO で CPU は Core i7 、ドライブは Fusion Drive に変更しているからか、とても快適です。この文章も新しい iMac で作成しています。

納品された New iMac 。なお画面に映り込みしたので、その部分は加工済み。

なお、詳細な構成は、iMac 12.5-inch, Late 2012 をベースに

  • 3.1GHz クアッドコア Intel Core i7
  • 16GB 1,600MHZ DDR3 SDRAM
  • 1TB Fusion Drive

と CTO しています。

Fusion Drive のおかげで、OS の起動が目茶苦茶速いですね。なんじゃこれは、と言うぐらい速い。

さて、そんな旧 iMac からのアプリやデータのお引っ越しですが、セットアップ時の移行アシスタントで、以前のマシンの Time Machine ボリュームから移行しました。

この Time Machine ボリュームのディスクも、将来の引っ越しを見据えて USB3 対応のものを購入してあったので、今回の新 iMac 側が USB3 に対応したことで、早速真価を発揮してくれました。

移行完了後、ログインをするとそこは以前の見慣れたデスクトップが・・・。このあたりの、新しいマシンへの移行に難しいことを考えなくてもよいなど、さすが Apple と言う印象です。(ただし、ネットワーク設定でも VPN 設定は移行されず、こちらは手動で設定する必要がありました)

特盛り CTO したおかげで、VMware Fusion 上で仮想マシンを動作させても全然重くないし、と言うか、下手したらそこら辺のサーバよりもスペックが高いのでは無いかと思われるほどです。

唯一、旧マシンよりスペックダウンしているのは HDD の回転数ですが、こちらは現在のところ特に気になってはいません。

さて、そんな新しい iMac ですが、機能的には現時点で特に問題はないものの、外装に微妙な問題が・・・。私の筐体では、水平な机の上に置くと、本体が若干右側へ傾いていました。正面向かって右の裏側は、各種インタフェースがありケーブルがささるので、その自重で引っ張られているのかと思ったのですが、どうもそれだけでも無くスタンド自体がやや右に傾いているようです。

これは、下画像のようにスタンド下部にスペーサーを入れることで結果としては水平を保てましたが、なんだか微妙です。検索とかすると、以前のモデルでもあったらしく、まぁ、当面はこのまま使用して見ますが、出来れば完璧なものが欲しかったなぁ。

右側にスペーサーを入れているので、机面に対して
右側が微妙に浮いていることがおわかりいただけるだろうか。

何故気付いたかというと、おいている後ろにブラインドがあって、その水平に対して明らかに斜めっていたからなんですね。ですので、普通に使っていたら気付かないかもしれないぐらいの傾きです。

あとは、キーボードやマウスについては、以前のマシンのものの方が慣れているので、そちらと交換して使っています。

まぁ、いずれにしても、新しい iMac を楽しみたいと思います。わーい。(^_^)

続きを読む

カテゴリー: Mac | タグ: