VMware Fusion 7 上の Windows 7 Pro を Windows 10 Pro にアップグレード

OS X Yosemite 上で動作している、VMware Fusion 7 上の Windows 7 Pro を Windows 10 Pro にアップグレードしてみました。

とは言え、VMware Fusion 上で実行している Windows 7 から タスクバーの通知に表示されている「Windows 10 を入手する」で Windows 10 にアップグレードしようとしても、以下のような「VMware SVGA 3D が非互換のためアップグレードできない」と言った意味合いのメッセージが出て、アップデートできません。

20150814-01

そこで、こちらの方のツイートを参考にさせて頂いて、ISO イメージの作成ツールを利用して ISO イメージからアップデートを実行すると上手くいきました。

方法としては、以下の通りとなります。

  1. Microsoft 社のサイトに、Windows 7 上で動作しているブラウザからアクセスし、自分の環境に合うダウンロードツールをダウンロードおよび実行して、ISO イメージを作成します。

  2. 出来上がった ISO イメージを OS X 側に移動します。

  3. アップグレードする Windows 7 の仮想マシンをシャットダウンし、VMware Fusion の設定から該当仮想マシンの OS 選択を Windows 10 に設定します。

  4. 再度、アップグレードする Windows 7 の仮想マシンを起動し、VMware Fusion のメニューより先ほど作成した ISO イメージを仮想マシンにマウントして、セットアッププログラムを実行します。

  5. 指示に従って、アップグレードを進めます。

  6. Windows 10 にアップグレードが出来たら、VMware Fusion のメニューから「VMware Tools の再インストール」を実行し、VMware Tools の修復を行います。

最後の手順で、VMware Tools の再インストールから「修復」を選ばないと、ディスプレイドライバが正しく選択されないようです。


なお、Windows 10 では、「Wi‑Fi センサー」という機能が実装されていて、同ページにも記載されているとおり「オープン ホットスポット」への自動接続や、「連絡先によって共有されたネットワークに接続する」機能がデフォルトでオンになっています。

前者は「何らかの基準」で選ばれている公開無線 LAN へ自動接続すること、後者は Facebook の友人、Outlook.com や Skype の連絡先で共有されている無線 LAN への自動接続を行うもののようです。

今回は 無線 LAN を使用しないので関係はないのですが、物理マシンで Windows 10 を実行する場合などは、十分注意が必要だと思われます。

これらは、インストール時に「設定のカスタマイズ」で該当機能をオフに出来るほか (下画像参照、こちらは確認) 、アップグレードした後でも「Wi‑Fi センサー」の設定から変更できるようです。(こちらは未確認)

20150814-02

iMac 21.5-inch, Late 2012 で仮想化は重いか

完全に主観で書きます。全然重くないです。ただし、メモリはたくさん積んだ方が良いでしょう。

うちの iMac 12.5-inch, Late 2012 の構成ですが、以下のようになっています。

  • ハードウェアは、3.1 GHz Intel Core i7 + 16 GB 1600 MHz DDR3 + 1TB Fusion Drive 。
  • ソフトウェアは OS X 10.8.2 + VMware Fusion 4.14 。

この環境で Windows 7 Professional (x64) を仮想マシンで動作させていますが、重いと感じたことはほとんど無いです。

※例外は 3D グラフィックが必要なゲームとか、とにかくグラフィックを酷使するようなものぐらいです。

ちなみに、仮想マシンへのリソースの割当はプロセッサは 2 個、メモリは 4GB としており、以前動作させていた Core2Duo 2GHz + 4GB メモリの「実機」 (MacBook 13-inch, Aluminum、Late 2008 の BootCamp で起動していた) よりも、Windows エクスペリエンス インデックスの値は良いです。

※でも 3D ゲームの類は GPU が実際に存在している実機の方が体感的なパフォーマンスは良かったことは確か。

20130126-01こちらが現在仮想上マシン上で動作している Windows 7 Professional の
Windows エクスペリエンス インデックスの値。

20100120-03参考までにこれが先の実機で動いていたときの、Windows 7 Professional の
Windows エクスペリエンス インデックスの値。

上記のような感じなので、iMac 21.5-inch, Late 2012 で仮想化を考慮する場合は、CPU の速さも重要と思われますが、それよりも、いかにたくさんのメモリを搭載するか、と言うことが重要なのでは無いかと思われます。

特に今回の iMac 12.5-inch は、ユーザでメモリの増設が出来ないので、私も購入時にこの部分は奮発しています。

なお、最初に書いたとおり、完全に主観ですので、用途によっては感じ方は変わってくると思いますのでご注意を。

Mac: 仮想マシン上の Windows XP で PowerDVD 10 が動作しない・・・。

今まで CPRM DVD-VR ディスクを観るために PowerDVD Expert を使用していたのですが、度々表示アスペクト比がおかしくなる不具合があり、仕方がないので、PowerDVD 10 Standard にアップデート、と言うか新規購入しました。(ベクターで 2010/10/03 まで安売りしてたので、つい・・・。こうやって無駄にお金を使うからダメなんだな。)

さて、この PowerDVD 10 ですが、BootCamp でネイティブで Windows XP を動作させた場合は当然ながら動作するのですが、VMware Fusion 3 上で OS を起動してから PowerDVD 10 を起動しようとしても動作しないようです。

Power DVD Expert では大丈夫だったのだけどなぁ。仕方ない、再起動が面倒なとき、仮想マシン上で CPRM な DVD-VR ディスクを鑑賞する目的だけのために、Power DVD Expert を使用するようにするか・・・。

ちなみに、使用許諾の面でも厳しくなっているようで、Power DVD Expert の使用許諾書では、使用ユーザが 1 名かつ、同時に使用しない、と言う条件の下で、複数台の PC へのインストールが許可されていたのですが、PowerDVD 10 の使用許諾書を読む限り、複数 PC へのインストールは NG と記載されてました。

Mac: アルミ MacBook Late 2008 に Windows 7 対応の BootCamp 3.1 をインストール

Apple より、Windows 7 に対応した、BootCamp 3.1 がリリースされたので、すでに Windows 7 非対応の BootCamp をインストール済みのアルミ MacBook Late 2008 にインストールしてみました。

まずは、BootCamp (Windows 7 非対応版) がインストール済みの Windows 7 (x64) で起動し、念のため、システムのプロパティ「システムの保護」から復元ポイントを作成。

そして、普通にスタートメニューのすべてのプログラムより「Apple Software Update」から「Boot Camp 更新プログラム 3.1」をインストール。

インストール中の画面

ダウンロードサイズは、274.58MB 。インストール対象マシンがいわゆる「Pro」ではないので、インストーラではねられるかと思いきや、そのままインストールが完了してしまいました。

インストール完了後、再起動し、「Windows エクスペリエンス インデックス」値を再計測したところ、以下のとおり、グラフィックスの値が 4.4 から 5.1 へと大きく改善されています。

以前の Windows エクスペリエンス インデックス値
インストール後の Windows エクスペリエンス インデックス値

とりあえず、デバイスマネージャを確認しても、問題となるようなデバイスは表示されていませんでした。このまま様子見をして見ます。

・追記
Apple の「Boot Camp:64 ビット版 Microsoft Windows Vista を実行できる Mac」によると、いつの間にか、Pro ではない、MacBook 13″ Late 2009 も Windows 7 x64 の動作対象機種になっていますね。
うちのアルミ MacBook Late 2008 は相変わらず対象外のまま・・・。

Mac: BootCamp の Windows 7 (x64) と VMware Fusion 3 を使用する際の現時点での自分用まとめ

  • 仮想環境だけでなく、実環境で起動する場合、VMware Fusion 3 の VMware Tools をインストールする場合は、「シン プリント」をインストールしない。
  • VMware Tools をインストールすると、実環境でキーマップが変になるので、レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt\Parameters」の「LayerDriver JPN」のデータを「kbd106.dll」に変更して、Windows を再起動。
  • 実環境で使用するために Windows 7 に VMware Player 3 をインストールしていると、VMware Fusion3 の仮想環境で動作させた際にネットワーク接続が不安定になる。
  • モバイル関係のデバイスドライバは諦める。

ところで、VMware Fusion 3 には Windows 用アンチウィルスソフト「McAfee VirusScan Plus」の 12 ヶ月分がバンドルされているが、試しにこれを使ってみたところ、2001 年頃だっけかに Windows マシンで McAfee 使っていたことがあって、そのアカウントが未だに残っていたのに驚いた。

Windows : VMware Tools インストール済みの BootCamp 領域 Windows7 (x64) で印刷できない件

BootCamp 領域の Windows 7 64bit 版で、どうしてもプリンタドライバのインストールができず、印刷不可能だった現象が発生していたので、調べてみました。

現象としては、どうやら、プリンタスプーラのサービスが正常に起動していなくて、結果プリンタドライバのインストールでエラーとなってしまっていた模様です。

それならばということで、サービスから手動でプリンタスプーラを起動してみるも、プリンタの追加を実行しようとすると、なぜかプリンタスプーラサービスが停止してしまいます。

散々悩んだ挙句、たどりついたページが、「VMware Tools, Win 7 Home: local print spooler service is not running」。

上記のページによると、どうやら、VMware Fusion 3 から Windows 7 を起動した際にインストールした、VMware Tools の「シン プリント」機能が問題とのことなので、Mac OS X で起動し、VMware 上で Windows 7 を起動して、VMware Tools のインストールを実行。

VMware Tools がインストールされている環境でインストーラを実行すると、インストールしたいコンポーネントが選択できる画面があるので、以下のとおり「シン プリント」をインストールせずに実行。
※初回インストールする際は、カスタムインストールすると良いかと。


再度、実環境で Windows 7 を起動して、プリンタのデバイスドライバをインストールしたところ、正常に完了し、また、テストプリントも正常に出力されました。

というわけで無事に印刷できるようになったわけですが、散々悩んだ数時間を返してくれ・・・。(T_T)

というか、32bit 環境のときはこんなことはなかったような気がするのだが・・・。

Windows: Windows 7 XP-Mode を VMware Player 3 にインポートできない

VMware Player 3 には Windows 7 の XP-Mode をインポートできるメニューがあるのだけれど、私の環境 (BootCamp 上の Windows 7 Professional) では

エラー: VMware Converter Agent から不明なエラーが返されました

と表示され、かつログに下記のエラーが出て処理が失敗する。

Task failed: P2VError UNKNOWN_METHOD_FAULT(sysimage.fault.ReconfigFault)

※ちなみに Virtual PC では正常に XP-Mode を起動できる。

検索してみたけれど、同様の現象が出ている人って少ないようだし、もしかして環境が特殊だからとかかなぁ。

Windows: Windows 7 64bit をアルミ MacBook Late 2008 にインストール

MacBook プロジャナイに 正式版 Windows7 の x64 を入れた。 – 日々、とんは語る。」によれば、アルミ MacBook Late 2008 にも BootCamp 64bit ドライバがインストールできるとのことで、うちのアルミ MacBook Late 2008 にインストールしていた Windows 7 も、32bit 版から 64bit 版へ変更しました。


実際には、クリーンインストールと同様の手法をとらざるを得ないと考えられたため、どうせなら BootCamp パーティションのサイズももう少し増やそうということで、以下の手順で実行。
なお、データの移行には、Windows 転送ツールを用いれば、ドキュメントや設定などを引き継げるので、これを利用しました。

  1. Windows 7 (32bit) で起動して「Windows 転送ツール」にて USB フラッシュメモリに移行したいデータを保存。
  2. Mac OS X で起動して、BootCamp パーティションをいったん削除して、希望サイズで再設定。
  3. Windows XP を BootCamp 領域に新規インストール。(Windows 7 がアップグレード版なので・・・。めんどい。)
  4. Windows 7 (64bit) を Windows XP をインストールしてあるパーティションに新規インストール。
  5. BootCamp ドライバのインストールパッケージを管理者権限のコマンドプロンプトから実行してインストール。
  6. 「Windows 転送ツール」を用いて、USB フラッシュメモリに退避しておいたデータを復元。

以上で完了です。

ちなみに、手持ちのデバイスでは、WS011SH (アドエス) はブックマークなどの同期などはできました。
※特にドライバ等をインストールしていなくても、WS011SH の USB 接続設定を Active Sync に設定しておけば、かっていドライバと同期センターがインストールされました。

試してはいないけれど、アドエスをモデムとして使用するのは、「WILLCOM|Windows(R)7への対応について」を見る限り 64bit では無理っぽい。
また、USB-WSIM も「データ通信|USB-WSIM|仕様|ICリーダー・ライター/通信|IODATA アイ・オー・データ機器」を見る限り、やはり 64bit では動作しないっぽい。

というわけで、手持ちのモバイル回線は Windows 7 64bit では直接接続は無理。(WiFiSnap を使用するという技もあるが、バッテリーの消費がものすごいことに・・・。まぁ、Mac OS X で起動してやれば USB-WSIM が使えるので問題はないのですが。)

また、インストールした BootCamp 領域について、Mac OS X の VMware Fusion 3 からの実行も特に問題はありませんでした。
ただ、VMware Fusion 3 で実行したあとに、通常に Windows 7 を起動するとキーマップが変になりました。
これは、regedit で、
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt\Parameters」の「LayerDriver JPN」のデータを「kbd106.dll」に変更して、Windows を再起動
で元に戻りました。

というわけで、Windows 7 64bit 環境でも移行時点で使っているソフトが非常に限られたので、今のところ致命的な問題はないです。32bit である程度環境を構築してしまってからの移行だと大変なのかもしれないですが・・・。

続きを読む

Mac: Windows 7 on BootCamp 現在の状態

MacBook に Windows 7 を導入していて、現在の状況は以下の通り。

  • Windows 7 で起動し終了した後、Mac OS X で起動すると、Time Machine 用 HDD が認識できなくなる、と言う問題が発生。
    具体的には Mac OS X で起動すると「セットされたディスクが読めない」と言ったダイアログが表示される。
    もしかすると、BootCamp で HFS ボリュームが読めてしまうが、これは個人的に嫌なので、Windows 7 側からはドライブレターを削除して見えないようにしている設定がまずいかったのかもしれない。(でも、Mac OS X 起動ボリュームも同様にドライブレターを削除しているのだけれども、こちらは何ともない。(何かあったら困るけれど))

    Time Machine 用 HDD のパーティションタイプを GUID パーティションテーブル から Apple パーティションマップに変更することで、Windows 7 側からは未フォーマットの HDD として認識されるようなので、当分そう言う運用で逃げてみよう。

  • Advanced/W-ZERO3 [es] は、そのまま USB ケーブルでつないだところ、自動的に Windows 7 とパートナーシップを確立できた。ただし、USB 給電を ON にしていても動作している気配はない。 USB 給電は正常に行われているようです。
  • VMware Fusion 3 から BootCamp 領域の Windows 7 を起動することは可能。(当たり前か) ただし、かなり重たい。

Mac: MacBook (Late 2008) に Windows 7 を BootCamp でインストール

というわけで (どう言うわけだ) Windows 7 Professional を購入してきました。
いわゆる、優待アップグレードの安いものはどの店でも売り切れだったのですが、なぜか通常の Windows 7 Professional アップグレード版が、¥19,999 で販売されていたので、購入しました。(当然正規版ですよ)

で、早速 MacBook (Late 2008) にインストールを行いました。
アップグレード元の OS が Windows XP なので、情報を引き継ぐことはできず、クリーンインストールとなります。
ちなみにインストールしたのは 32bit 版のほう。


BootCamp に関しても、Snow Leopard のインストール DVD より何の問題もなくインストールができました。(特にエラーも発生せず)
Windows のエクスペリエンス インデックス値は以下のとおり。