「のんのんびより 十三話:沖縄に行くことになった」を視聴

のんのんびより 7 巻 OAD 付き特装版を購入したので、TV シリーズの続きで話数が入っている、のんのんびより 13 話を観ました。

ネタバレしない程度に内容を言うと、沖縄旅行が当たってから、実際に沖縄に旅立つまでの間を描いた、アニメオリジナルエピソードです。

オリジナルエピソードとは言え、ちゃんと「のんのんびより」していました。素敵な内容でした。

強いて言うと、ラスト辺りで、れんげがあまりにも純粋すぎて、観ているこちら側が、「ああ、あの頃の純粋な私はもう居なくなってしまった」と何となく喪失感を覚え、寂しい気分になってしまいましたが。

まぁ、そういうところものんのんびよりの良いところです。

これは、もう 2 期に期待するしかないと思います。ただ私が住んでいる地域が田舎なので、2 期も放送エリア外のままだろうと言う点で、有料配信か BD になるまで待たなければならないという問題が。2 期を TV 放送で見ることができる人はその幸せをかみしめていただきたい、とか思ってしまいます。

あと、パッケージ内のステッカーが付いてきており、事前の情報に無かったのでびっくりしました。あれ使いどころが困るよね。でも、個人的には、「具」ステッカーはぱっと見、そんなにアニメアニメしていないので、車とかにも貼れるんじゃないかなぁ。

まぁ、ごちゃごちゃと書きつらねてしまいましたが、まずは OAD の感想からと言うことで、さて、これからゆっくりと原作の 7 巻を読むとしましょうか。

阿佐ヶ谷アニメストリートに立ち寄り

2014/04/06 の事となるのですが、東京へ行く用事がありましたので、ついでと言っては何ですが、オープンしたての「阿佐ヶ谷アニメストリート」へ立ち寄ってきました。

20140411-02阿佐ヶ谷駅からゴールド街の中を通り抜けて、さらに駐車場も抜けて進むと、中央線高架下にそれはありました。

20140411-03人通りは写真のような感じで、混雑などはしていなかったです。ちなみに奥が阿佐ヶ谷駅方向となります。

なおちょうどお昼時だったので、「SHIROBACO」でお昼にしました。ここは、声優を目指している「声優のたまご」とでも言うべき人たちが店員をしています。(アニメ制作会社のサテライトがプロデュースしているそうです。)

20140411-04オレンジジュースとハンバーグプレートを注文。
税込 ¥1,070 でした。

仮にもオープンした週から 2 回目の日曜日のお昼時で、空席が目立つ状態でしたので、正直なところこれから大丈夫なのかなぁ、という心配をしました。

ただ、お店の外は、これまでアニメに興味が無かった層の方が見受けられたので、そういった層を、アニメーションという道具を使って、いかにして取り込んでいくのか、と言う点にかかっているのでは無いかと感じました。

※コアな層にも受けて、一般の方にも興味を持ってもらうって、すごい難しいとは思いはしますが・・・。

・・・

なお、先にも書いたとおり、阿佐ヶ谷駅と阿佐ヶ谷アニメストリートの間には、阿佐ヶ谷ゴールド街という、今ではほとんどお店が入居していない商店街が存在します。

実はアニメストリートもここも、ジェイアール東日本都市開発がかかわっているようですが、「ずっとこの場所で」という Blog によると、ゴールド街の方は立ち退きなどにかかわる問題があったようです。

20140411-01ゴールド街は、店舗こそ少ないとは言え、
「昭和」っぽい懐かしさを感じられて印象に残った。

阿佐谷を訪れて、こう言った問題を知れたことも、実のところ大きかったと思います。

「ゆるゆり♪♪ 第 1 話」のモデル地に行ってきました

色々煮詰まっていたので、ドライブがてら「ゆるゆり♪♪ 第 1 話 『帰ってきた主人公』」でごらく部メンバーが宿泊した旅館のモデルとなっている、「庄川峡長崎温泉 北原荘」の日帰り温泉に行ってきました。

20131116-01こちらが、「庄川峡長崎温泉 北原荘」の建物。ちなみに、アニメ登場時には、自販機の配置からもって、全くの左右反転です。作中でちなつも言ってたように、現実でも結構風情があります。

20131116-02フロントに、「ゆるゆり」グッズを発見。(許可を得て撮影) ちなみに公式サイトの Blog によれば、宿泊客の方が置いておかれたそうです。また、ここ以外にも、大浴場へ行く途中のエレベーターホールにもポスターが貼ってありました。

さて、肝心の日帰り温泉ですが、普通のお風呂に加えて、露天風呂もあります。ちょうどあまり熱くなく、私にとってはちょうど良い湯加減で、長湯しやすかったです。また、露天風呂はちょうど紅葉の季節と言うこともあって、これまた風情がありました。

ちなみに、立ち寄り温泉の混雑状況ですが、私が入ったときは屋内、露天風呂ともほぼ独占状態でした。ちょうど上がったぐらいで別のお客さんが来るというような利用状況で、実にリラックスできました。

20131116-03ちなみにアクセスは公式サイトにも記載されていますが、国道 156 号線を富山の砺波側から岐阜方向に走った場合、覆道の途中に分岐があるので、注意が必要です。分岐後一瞬のまもなく、小牧ダムのダム湖の上を橋で越えます。

上の写真では、奥の覆道が、国道 156 号線で、手前が温泉がある側です。

20131116-04この橋の上から、富山側をパノラマで撮影してみました。山間なのできれいには撮影できませんでした。。。

20131116-05こちらは、岐阜側を同じくパノラマで撮影したものです。今度は日の光が入ってしまいやっぱり上手く撮れず・・・。

今回はいきなり思い立ったので、温泉だけで宿泊はしていないのですが、機会があれば泊まりに行きたいなぁ、と思いました。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」を再度観てきました

1 回観ただけでは、よくわからなかったので、再度各種 Web 上の考察などを参考にした上で、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(以後本作と表記) を観てきました。

しかし、同じ映画を 2 回観るのは人生初めてじゃ無いだろうか。そしてやっぱりこのエントリにはネタバレが多大に含まれますので、本作を未見の方は十分ご注意下さい。

続きを読む

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」を観てきました

久々の更新です。表題の通り、魔法少女まどか☆マギカの完全新作映画である「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(以後本作と表記) を観てきました。 このエントリにはネタバレが多大に含まれますので、本作を未見の方は十分ご注意下さい。

続きを読む

「gdgd妖精s (ぐだぐだフェアリーーズ) BD Vol.3」観ました

gdgd妖精s (ぐだぐだフェアリーーズ) BD Vol.3」を観ました。

まず声を声を大にして言いたい。「なぜ『gdgd学園天国!』が音源として収録されていないのか」と。せっかく、妄想 3 期用に、井上純一氏が制作された楽曲なのに、これを特典に収録しないとはもったいなさ過ぎる !! 。

・・・

とりあえず落ち着いたところで、映像特典「gdgdフィギュア妖精s」を観て思ったのですが、改めて本作品のおもしろさについて、声優さんの演技力およびアドリブ力の比率が非常に大きいことを実感しました。(これは Vol.2 の gdgdキッズ妖精s の声優さんがアフレコしたバージョンでもわかる。あと露骨な声優プッシュが無いのも好感を持てる。)

無論、本編の CG による表現も面白いのですが、BD 特典において、音声だけ (CD) 、4 コマ漫画風、実写のいずれをやっても面白いので、「gdgd妖精s」と言う作品は、いろんなフォーマットで表現できるのでは無いかと思いました。

それ故に、観終わった今は、さすがに同じ作風での 3 期は無いだろうなぁ、でも、良い意味での奇抜な表現方法を用いれば、それがもはやアニメーションと言えない表現でもいけるのでは無いか、それが「gdgd妖精s」という作品の懐の深さではないかとも感じています。

もしも 3 期があるのなら、「gdgd妖精s」1 期を見たときの衝撃のようなあるものを期待したいです。かなり難しい注文でしょうけど…。

・・・

明坂聡美さんのインタビューで、BD Vol.3 購入者へのメッセージで「お金を使ったことを公開されているかもしれない。」と「暗い気持ちの時に見て欲しい。」っておっしゃっていたのがなんだか意味深でした。

Vol.3 では BD に特典として MMD データが収録されるはずだったのに、それが収録されていないという問題を起こしていあるあたり、最後もやっぱり gdgd ですねぇ。公式サイトによれば、収録予定だった該当データはサイトからダウンロードで入手、さらに BD Vol.3 同封のハガキにメールアドレスを書いて送付すれば『「gdgd妖精s」MMD新モデル(仮)』を送付するらしいけれど、これもたまたま BD Vol.3 には、BD 収納ボックスの応募ハガキが封入されていたが為に、こう言う対応が出来るという、変なミラクル。