Manabii の紹介

無気力です。

cups から AirMac Extreme で共有されているプリンタに印刷および再度共有する設定メモ

表題の通り、cups が動作している Linux マシンから、AirMac Extreme に接続されているプリンタに印刷する設定である。

なお、例によって、Debian GNU/Linux 9 での設定例である。サーバは、192.168.1.1 、共有プリンタが接続されている AirMac Extreme は 192.168.1.2 とする。

・事前準備

iptables などでフィルタリングしている場合、あらかじめサーバから TCP 192.168.1.2:9100 宛への通信を許可する。

・cups のインストール

# apt-get install cups

・管理ユーザの設定

# adduser username lpadmin

cups の Web インタフェースへ管理画面接続可能な様に、任意の管理者ユーザ (この例では username) を lpadmin グループに所属させる。

・リモートのブラウザから設定

$ ssh -L 8080:127.0.0.1:631 username@192.168.1.1

リモートから、サーバ (この例では 192.168.1.1) の 631 ポートへポートフォワードし、ssh 接続する。

・ブラウザで、http://127.0.0.1:8080/ を開き cups の設定を行う

「管理」メニューより、以下の通り進める。なお、BASIC 認証画面が出たら、「管理ユーザの設定」の項目ででっていしたユーザ名とパスワードで認証する。

  1. 「このシステムに接続されているプリンターを共有」にチェックを入れる。
  2. プリンターの追加を選択。
  3. その他のネットワークプリンター内「AppSocket/HP JetDirect」にチェックし、「続ける」をクリックする。
  4. 接続に「socket://192.168.1.2:9100」の様に入力し、「続ける」をクリックする。
  5. 名前は適当にプリンタ名、説明も適当にメーカ名 + プリンタ名、場所もやっぱり適当に入力し、このプリンターを共有するにチェックを入れ、「続ける」をクリックする。
  6. AirMac Extreme に接続されているプリンタのメーカ名を選択し「続ける」をクリックする。
  7. AirMac Extreme に接続されているプリンタのモデルを選択し「プリンターの追加」をクリックする。
  8. 該当プリンタのデフォルトの設定画面が表示されるので、必要に応じて変更し「デフォルトオプションの設定」をクリックする。

・テスト印刷

「プリンター」メニューより、先ほど追加したプリンタを選択し「メンテナンス」内「テストページの印刷」を選択して、正しくプリントアウトされることを確認する。

・共有について

該当 Linux マシンには avahi をインストール済みのため、ローカルネットワークからサーバ TCP 631 宛の通信を許可するだけで、macOS から IPP 経由で印刷できるようになったりする。

ちなみに上記の設定だけで、iOS デバイスから AirPrint 可能なデバイスとして認識される。が、正常に印刷が出来たのは iOS 6 の端末のみで、iOS 11 からは正しく印刷できなかった。

・参考にさせていただいたサイト

WD Red を買ってみた

NAS 用 HDD で高耐久性をうたっている WD Red な HDD を買ってみた。

既存の Linux のパーティションを dd でコピー中で、現在 280GB 程度連続して書き込みをしているけれど、HDD ケース越しでの感覚では全く熱くなる気配はない。駆動音も静か。

24 時間 365 日駆動の用途だけれど、個人用なので多分 WD Blue でも大丈夫なのじゃないかと思えるけれど。

該当の HDD は寝室にあるのだけれど、今まで、とあるメーカー製の HDD を使用していて、ファン付きのケースだからか妙に甲高い駆動音がして、眠るときに耳障りだったのだ。

とりあえずこれで安眠を取り戻せる。(^_^;)

PHP 実行環境を fcgid + php-cgi から PHP-FPM に変更

以前に公開したエントリ、「mod_fcgid 設定」で紹介した様に、本サイトの php 実行環境は fcgid + php-cgi で行っていました。
が、今回興味があって、PHP-FPM で実行する様に変更したので、その備忘録です。

ちなみに変更前の環境は Debian GNU/Linux 9 + Apache 2.4 + fcgid + php-cgi (PHP 7.0) で動作する設定で、今回はこれを fcgid + php-cgi 部分について fgcid + PHP-FPM (PHP7.0) で実行する様変更したものです。

なお、設定内容はあくまで例です。また間違いがあればコメント欄でいただけると嬉しいです。

続きを読む

Z-Push を使って iPhone に独自ドメインメールを push 通知する

Z-Puzh」というオープンソースの ActiveSync 互換ソフトウェアを利用して、iPhone に自分が所有しているドメインのメールサーバについて、push 通知に成功したので、備忘録としておいておきます。

続きを読む

mineo 契約してみた

紹介キャンペーン、および eo チケットでエントリーコードと引き換えることができるのと、mineo の 2017/11/09 申し込み分までのキャンペーン + eo 光利用者優待と合わせて 15 ヶ月間ほど 900 円割引に釣られたのだ。

ちなみに D プランの音声通話付きを申し込んだが、紹介キャンペーンと、eo 光利用者優待を重複適用させるには、オンラインからではなく、電話での申し込みが必要であった。

23 日に電話で申し込み、24 日に本人確認書類のアップロードで 25 日に手続き完了、SIM カードは 27 日に出荷、28 日には届いてサービスの利用が開始できた。

なお、今回は MNP はしておらず、新規に発番したが、070 ではなく 080 から始まる番号だった。

どうでも良い話だけが、昔 PHS を利用していたこともあって、何となく 070 番には愛着があり、できれば 070 が良いなとは思っていたが、それはかなわなかった。

しかし、こんなにキャンペーンして利益出せるのか、と言う疑問があるのだけれど、「編集長インタビュー – 「MVNO100万超と黒字化が視野に」、ケイ・オプティコムの藤野社長:ITpro」によれば、記事の時点で赤字のようで、いままさに必死に契約数を稼いでいるように感じた。

・追記

思えば、2 年ぐらい前、iPhone 6s に機種変更した時は、本当は au 販売版の iPhone 5s で mineo に行きたかったのだけれど、当時は iOS がらみで iPhone 5s / 5c だけ非対応という悲しみがあったのだった。

Apple ID の 2 ステップ認証から 2 ファクタ認証へのアップグレード

iOS 11 をインストールする場合、デバイスに紐付いている Apple ID が 2 ステップ認証 (iPhone を探す機能を用いたもの) で保護されている場合、2 ファクタ認証 (OS 組み込み) のものにアップグレードされられます。

実際には、画面の指示どおり進めていけば問題なく、難しいこともありません。

端的で言うと、「Apple のシステムを信じろ」、となるのかと思います。(笑)

私のところでも、今回、iPad 第 5 世代を iOS 11 にアップグレードするにあたって、2 ステップ認証から 2 ファクタ認証にアップグレードが発生しましたが、以下の様な形でした。

手持ちのデバイスは、iPhone, iPad, Mac ですが、このうち iPad を iOS 11 にアップグレードしました。

まず始めに、iPad の iOS 11 アップグレードプロセスで再起動後、2 ファクタ認証へ切り替わります。

このとき、手持ちの iPhone (iOS 10) の方でも、設定アプリにバッジが表示されるので、設定アプリより Apple ID のパスワードの認証が必要になります。

次に Mac (macOS Sierra) の設定アプリにもバッジが表示されるので、同様に設定アプリでの認証が必要になります。

このときややこしかったのが、Apple ID のパスワード、iPhone のパスコード、さらに、macOS の管理者のログインパスワード (自分が管理者の場合、ログインパスワードのこと。なお、この画面のみ英語表記。) を順番に入力する必要があったことです。

macOS のバージョンにもよるのかもしれませんが、上記作業の後、ゲストアカウントが有効になっていたりするので、注意が必要かと思いました。

あと、iOS デバイス側も Bluetooth が有効になったりするので、必要に応じて設定変更は必要かと思われます。

2 ファクタ認証にアップグレードすると、2 ステップ認証では意味があった「復旧キー」が不要になってしまうそうなので、アカウントへの信頼できるデバイスが全て失われた場合に備えて、自宅の音声電話も確認用の電話番号として登録して、とりあえず作業を完了しました。

2 ファクタ認証では、Apple ID でのログイン時 (Apple ID の管理サイトなど) に、Mac 側でも承認できるので便利ですね。