突発性難聴になった

その病名どおり、突然に突発性難聴を発症しました。

幸いなことに、今の段階では生活に不自由のないレベルで聴力が戻っています。

実際にこの病気に罹ってみて、色々な人の記録に助けられた部分もあったので、私の場合もどのような経過をたどったか、記載しておこうと思います。

  • 発症日 (木)
    突然 16 時ぐらいから軽いめまいがし、その後、左耳がつまったような感じが続く。

  • 発症 2 日目 (金)
    昨日からの耳の違和感と軽いめまいがとれないので、耳鼻咽喉科で聴力検査を行い、突発性難聴の可能性を指摘されました。直ちに総合病院へ紹介状を書いていただき、そちらへ向かいました。

    総合病院で再度聴力検査と血液検査を行い、突発性難聴ということでステロイド剤による治療が開始となり、このとき、点滴か飲み薬の 2 パターンが選べたのだけれど、どちらも効果に差が無いとのことなので、飲み薬で進めることにしました。

    また、薬を飲み始めても一時的に症状が悪化する可能性があることも伝えられました。

    ただこの病気について、医師からは、1/3 は治って、1/3 は何らかの問題が残る、1/3 は治らない、また 3 ヶ月を過ぎたら聴力は固定されてしまうとの事を言われ、治るのかなぁとちょっと不安になりました。

  • 発症 3 日目 (土)
    この時点では、めまいもおさまっており、難聴もちょっとマシかという感じで、耳が聞こえにくい事を除けば、月曜日から仕事も行けるのではないかと思えるぐらいで、割と安定していました。

  • 発症 4 日目 (日)
    朝からめまいが酷く、難聴も聞こえないほどひどくなってしまいました。昨日はかすかに聞こえていた左耳が全く聞こえないし、めまいで頭はぐらぐらするし。一日寝たきり。これは思ったより大変なのではと思い出す。

  • 発症 5 日目 (月)
    新たな症状として、酷い耳鳴りの出現。既に薬を飲んで 3 日は経過しているのだけれど、良くなるどころか症状が悪化していくことに、治るのか本気で不安になってくる。

  • 発症 6 日目 (火)
    体調が不調になるとそれに伴って精神もやられるようで、朝起きるなり大変不安になる。めまいは相変わらずだが、耳に関しては昨日よりは聞こえている気がする。聞こえ具合はこの前の土曜日ぐらいかなと言う程度。

    心を落ち着かせるため、海外の旅行動画を YouTube で見たりして何とか精神を安定させる。

    なお、この日は MRI 検査があり、病院に行ったものの結果は次回の診察時。帰宅するなり疲れたのか爆睡。

  • 発症 7 日目 (水)
    音程は変なものの、昨日よりは聞こえが良いとともに、めまいも昨日よりはよくなっている。ただ耳鳴りはあいかわらずで、朝起きたときに耳鳴りでお目覚めは勘弁して欲しいと思うようになる。

  • 発症 8 日目 (木)
    耳鳴りはするものの、その大きさは許容出来るぐらいまでになってきた。昨日よりは耳は聞こえてきているような気がする。ただ、音程は変に聞こえるけれど。

  • 発症 9 日目 (金)
    耳鳴りもほとんど無く、耳も聞こえてきている。めまいの症状がなかなか取れないのか、平衡感覚が変で、何だか右前に傾いて見える。

    通院日なので病院に行き、聴力検査を受ける。問題となっていた左耳は生活に必要な音域は聞こえるようになっていて、MRI も特に問題なしとのこと。

    投薬についてもステロイド剤はここまでで、以後は今までも処方されていた、血流を増加させる薬とビタミン剤のみを経口投与で 1 ヶ月ほど行い様子を見るみたいだ。

現時点では、生活する上では不自由が無い状態まで復活しました。

とにかく発症した後にすぐに耳鼻咽喉科に行ったことと、そこの医師が即座に総合病院への紹介をしてくれたことで、早期治療に繋がったことが良かったのだと思います。

ただし、すぐに全てが元通りになるわけでは無くて、軽い耳鳴りやめまいなどはどうしても残っています。これは今後ゆっくりでも良いので、治っていったりあるいは気にならなくなったりしていったら良いなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です