突発性難聴を発症してから 2 週間後の状態

前回のエントリで、突発性難聴になってから 9 日目までを書いたけれど、2 週間ほど経った現在の状況はこんな感じです。

  • 投薬は血流を増加させる薬とビタミン剤を継続。
  • 体感的にほとんど聴力の左右差は感じない。
  • 数日前までは TV などで話している声の後ろに音楽が入っていると聴き取りにくかったが、それが無くなった。
  • 静かなところだと、突発性難聴だった左耳だけピーと小さな耳鳴りがする。
  • めまいもあるが、ほとんど問題にならない程度。
  • 発症 9 日目にも書いたけれど、あいかわらず右斜め前に傾いて見える現象は継続している。(もしかして自律神経失調症か ?)

ということで、ほとんど突発性難聴になる前の状態に近付いてきました。

特に嬉しかったのは、音楽を聴いたとき、左耳の音程が少し高く聞こえる現象が無くなって、普通に聞こえるようになり、ちゃんとステレオで聞こえるのは本当に嬉しかったです。

今まで当たり前だと思っていたことも、いざ不自由になるとそのありがたみを思い知らされました。

ところで突発性難聴の予後は 1/3 が治癒、1/3 が改善、1/3 が変化無しか悪化、だそうで、つまり 2/3 程度の人は辛い症状が続くわけなんですよね。改善せず苦しんでいる人がいるという事実は辛いし、この病気の怖さを感じざるを得ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です