macOS:「ERROR_7E7AEE96CA」でセキュリティアップデート等が出来ない

macOS を Catalina から Mojave に戻した環境で、Mojave 向けの macOS 追加アップデートを実行すると「ERROR_7E7AEE96CA」で失敗する現象が発生しました。

ネットを調べてみると、新 OS 上で旧 OS で使用していた Time Machine ボリュームに一度でもバックアップを行った状態で、復旧パーティションから起動し Time Machine からの復元で旧 OS 環境に戻したときに発生する模様です。

どうも、macOS の Time Machine は、復旧パーティションの情報もバックアップしている模様で、今回の場合だと、Mojave から利用していた Time Machine ボリュームを引き続き Catalina でも利用していた場合、Catalina の復旧パーティション情報もバックアップされてしまうようです。

こうなってしまうと例え USB メディアで Mojave のインストーラを起動して、内蔵 HDD を全初期化した上で、Mojave だった頃のシステムを指定して Time Machine から復元したとしても、復旧パーティションは Catalina ベース、起動 OS は Mojave という状態で復元されてしまいます。

※ちなみに、一度 Mojave をクリーンインストールした上で、復旧パーティション (Mojave ベース) から起動し、同様に復元を行うと、やはり復旧パーティションは Catalina ベース、起動 OS は Mojave になってしまいました。

と言うわけで、解決策としては、復旧パーティションのベース OS と、実行 OS を合わせる必要がありそうと言うことで、私の環境での本現象の解決方法は以下の通りです。

  1. 一旦 Time Machine にバックアップをします
    一旦、復旧パーティションは Catalina 、起動 OS は Mojave の環境で、新規に Time Machine にバックアップをとります。

  2. macOS Mojave を入手します
    App Store から macOS Mojave を入手します。
    このとき、Option キーを押しながら「入手」ボタンをクリックすることで、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」が起動しますが、/Applications フォルダ内に「macOS Mojaveインストール.app」が作成されます。インストーラが起動したら終了します。

  3. USB インストールメディアを作成します
    macOS の起動可能なインストーラを作成する方法」の手順に従って、USB インストールメディアを作成します。

  4. インストール USB から起動してインストールと情報の転送を行います
    インストールメディアから起動して、ディスクユーティリティより内蔵 HDD を全初期化します。その後、通常どおり Mojave をインストールします。
    インストール後に、情報を転送するかどうか聞いてくるので、Time Machine から全てのデータを転送するようにして、データを移行します。

これで、何とか復旧パーティションは Mojave ベース、かつ起動 OS も Mojave という環境が戻り、もちろん、セキュリティアップデートも正常にあてることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です