RTX810 で SNMP Trap を送信し、Linux マシンで受ける

SNMP Trap を送信するルータは、YAMAHA RTX810 、受信するマシンの OS は Debian 10 。受信したトラップを root あてにメールする。

RTX810 の設定

snmp trap host [SNMP トラップを受けるサーバの IPv4 アドレス]
snmp trap community router
snmp trap enable snmp all

Debian 10 側の設定

  • snmptrapd をインストール

    # apt-get install snmp snmptrapd nmp-mibs-downloader
  • YAMAHA private MIB をダウンロード

    YAMAHA private MIB のページより、yamaha-private-mib.tar.gz をダウンロードし、アーカイブ中のファイルを /usr/local/share/snmp/mibs/yamaha 以下に保存する。

  • snmp の設定

    /etc/snmp/snmp.conf
    #mibs :
    mibdirs +/usr/local/share/snmp/mibs/yamaha
    mibs +ALL

    ※ mibs : をコメントアウトし、mibsdirs と mibs を設定する。

  • snmptrapd の設定

    /etc/snmp/snmptrapd.conf
    authCommunity log,execute router
    traphandle default /usr/bin/traptoemail -f snmp@example.com -s 127.0.0.1 root

    ※ snmp trap のコミュニティ名はルータと snmptrapd.conf で同じものとする。

  • snmptrapd を起動

    # systemctl start snmptrapd.service
  • 起動時に snmptrapd を有効とする

    # systemctl enable snmptrapd.service
  • ルータからの UDP 162 を通過するようにしておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です