Echo Spot を買ってしまった

正直言って、スマートスピーカーって事実上、合意を持ってサービス提供者からの盗聴を許している様なものなので、全く興味が無かったのだけれど、スクリーンが付いただけでなぜか抵抗感がなくなって買ってしまった。

おそらく、ディスプレイが付くことで端末の動作が視覚化されるので、Echo Spot にはカメラも付いているにもかかわらず抵抗感が減るのではと思う。

セットアップ自体は簡単で、Echo Spot 本体でできる。しかし、ディスプレイのない Echo の場合は、スマートフォンのアプリから設定するのだが、Echo Spot の場合はこれが出来ない。Echo Spot でも同様に出来ると楽なのにと感じた。

単にネットに繋ぐだけなら非常に簡単でよく考えられているとは思うけれど、MAC アドレスフィルタしている Wi-Fi AP に接続する場合はちょっと面倒くさい。

と言うのも、自分が確認した範囲では、Echo Spot の設定が完了していないと、自身の MAC アドレスを知る方法がなかったためである。

と言うことで、一旦 MAC アドレスフィルタのかかっていない AP を設定して、そこに設定してからセットアップし、スマートフォンのアプリから Echo Spot の MAC アドレスを確認し、こちらを AP に登録という手順を踏んで接続という若干面倒な設定となった。これは初期画面に MAC アドレスを表示しても良いのではとは思う。

セットアップ後の動作は問題なく、音声もかなりの精度で認識してくれる。初めてスマートスピーカーを使ってみたのだけれど、音声で指示が出来るのは、ちょっとスター・トレック感があって面白い。

機能の拡張も、スキルを導入することで可能で、これがクラウド側で完結しているのもよく出来ていると思った。色々なスキルを試してみて、ちょっと遊んでみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です