今期は

「エロマンガ先生」を見ているのだけれど、同原作者の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と同様、兄妹ものな訳なのである。

しかし、血が繋がっていない兄妹としたことで、色々な意味で制約が無くなっていて、これまた色々な意味で可能性が広がったのでは無いかと思われる。

例えばゲーム化したときに、例えば PSP 版の俺妹の桐乃ルートのような事をしなくても良いわけである。

その代わり、前作にあったそういった葛藤を描くことはなくなってしまうわけで、原作を未読な自分としては、本作ではどういうテーマを描くのか興味深い。

1 話、2 話を観ている段階では、両親が不在で、血の繋がっていない兄妹、そして主人公を含め、周りの人間が類い希なる才能の持ち主という点が、ファンタジーだと思う。

あえて、現実離れした世界を描いているのかもしれないけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です