けものフレンズ最終回を観た

端的に言うと、これは、かばんちゃんが「自尊心」を確立するまでの過程のお話だ。

と言うか、細かい舞台の考察よりも物語の本質を追うべきだったのだ。

自分自身が、「新世紀エヴァンゲリオン」に始まり「魔法少女まどか☆マギカ」まで、割と陰惨な舞台かつ、最悪の方向に進む様な作品を好んできたからか、考察をしなければならない、と言う強迫観念にとらわれていたのかもしれない、と感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です