squid 3.1 設定のメモ (Debian GNU/Linux 7 での場合)

Debian GNU/Linux 7 での設定例です。キャッシュは使用しません。プロキシのポート番号は 8080 です。

■設定とインストール

・インストール

# apt-get install squid3

・認証用ファイルを作る

以下のような形式のプレーンテキストファイルを「/etc/squid3/passwd」に作成し、適切な権限を与えます。

Username:Password
# cd /etc/squid3
# echo "Username:Password" > passwd
# chmod 600 passwd
# chown proxy:proxy passwd

・squid3 の設定ファイルを編集

/etc/squid3/squid.conf を編集する。

# Digest 認証部分
auth_param digest program /usr/lib/squid3/digest_pw_auth /etc/squid3/passwd
auth_param digest children 5
auth_param digest realm Proxy Server
auth_param digest nonce_garbage_interval 5 minutes
auth_param digest nonce_max_duration 30 minutes
auth_param digest nonce_max_count 50

# キャッシュマネージャーの ACL
acl manager proto cache_object

# localhost の ACL
acl localhost src 127.0.0.1/32 ::1

# Digest 認証の ACL
acl passwdauth proxy_auth REQUIRED

# Proxy での SSL ポート番号並びに通すポートと CONNECT メソッドの ACL
acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80
acl Safe_ports port 443
acl CONNECT method CONNECT

# キャッシュマネージャーへのアクセス制限 (localhost のみ)
http_access allow manager localhost
http_access deny manager

# プロキシへのアクセス制限 (あらかじめ定義したポート、メソッドで localhost は許可、それ以外は Digest 認証が必要)
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports
http_access allow localhost
http_access allow passwdauth
http_access deny all

# プロキシのポート番号
http_port 8080

# キャッシュ設定 (使用しない)
cache_mem 0 MB
cache deny all

# 実行ディレクトリ
coredump_dir /var/spool/squid3

# プロキシサーバが出力するヘッダを抑制
forwarded_for delete
via off

・設定確認

# squid3 -k parse

「via off」部分で WARNING が出ますが、ヘッダの抑制は行われます。

・再起動

# /etc/init.d/squid3 restart

■その他

squid3 が動作しているサーバが IPv6 アドレスも持っている場合、IPv4 な接続元から squid3 経由で通信すると、要求された接続先が IPv6 アドレスを持っている場合、IPv6 でアクセスすることを確認しました。プロキシ形での IPv4 <-> IPv6 変換としても使用できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です