VMware Fusion 7 にアップグレードしてみました

VMware Fusion 7 が、「BLACK FRIDAY SALE」ということで、Pacific Time の 2014/12/05 23:59 までの期間限定で 30% 値下げになっていたので、VMware Fusion 6 からアップグレードしてみました。

比較ページを見ていてもそんなに期待はしていませんでしたが、Fusion 6 からのアップグレードなので、正直言ってほとんど変わりません。Fusion 6 を持っていて、Yosemite を使っていないのなら、個人的にはアップグレードする意味があまり見当たりません。

Windows 7 をゲストで動かしているのですが、若干 Windows エクスペリエンス インデックス値は落ちた感じです。ただしこれは、前回の計測時は、ホスト OS が Mavericks で仮想化ソフトが Fusion 6 、今回はホスト OS は Yosemite で仮想化ソフトが Fusion 7 であり、ホスト OS も異なるので、あまり意味はない指標かとおもいます。

それよりも、VMware のストア、ドル建で決済できなくなっているんですね。Fusion 6 から 7 へのアップグレードはドル建だと $34.99 のようで、日本円だと ¥5,302 でした。(円安とは言え、これを書いている今は、ドルで決済できるのなら、そっちの方が安い)

・2014/12/03 追記
Windows エクスペリエンス インデックス値が下がった件ですが、Fusion 7.1.0 で若干改善しました。