MacBook Aluminum Late 2008 に OS X Yosemite をインストール

OS X Yosemite を、動作要件ぎりぎりである MacBook Aluminum Late 2008 にインストールしてみました。

なお、該当マシンは、Core2Duo 2GHz でメモリは 4GB 、ストレージは SSD に換装済み、OS X Mavericks からの上書きインストールです。

インストール自体は、Lion 以降からおなじみの Mac App Store からのインストールで、ほとんど何も考えずに簡単に完了しました。この辺りはさすがというか。

動作の重さですが、おそらく SSD を使用していることが功を奏して、Mavericks との比較でそれほど重いとは感じません。自分の場合、普段使い程度であれば、特に問題が無いレベルです。

該当マシンは、Bluetooth が 4.0 ではないため、Yosemite の目玉機能のうち、Mac から iPhone を利用して電話をかけたり受けたり等の機能は利用できませんでした。

上記訂正: MacBook Aluminum Late 2008 からでも、iPhone を利用して電話をかけることは出来ました。具体的には、「FaceTime.app」の環境設定で「設定」→「iPhone セルラー通信」をオンにすることで、いけます。予想以上に使えるなぁ、Yosemite 。(以上訂正終わり)

そんなわけで、印象としては、UI をフラットデザインにした Mavericks と言う感じです。

Mail.app で、スマートフォルダ上でメッセージを迷惑メールに分類してもあいかわらず、自動的に迷惑メールフォルダに移動しない挙動も、Mavericks から変わらずだし・・・。

と言うわけで、しばらく様子を見てみようと思います。