iPhone 5s を iOS8 へアップグレード

人柱上等で、iPhone 5s について、iOS7 からアップグレードしてみました。

結果から言うと、

  • 動作速度的にそんなに重くはならないです。ただし、以下にも書きますが、Wi-Fi ネットワーク接続が微妙です。

  • アップデート後、Wi-Fi 接続が非常に不安定でした。これは、ネットワーク設定をリセットすることにより大幅に改善されました。それでもやはり、未だに iOS7 のときよりも通信が引っかかる感じが残っています。(なお、Wi-Fi の接続性や、ストリーミングの再生など速度自体には問題は無い。)

  • アプリとの互換性は、私が使用している範囲において、基本的には問題なさそうですが、一部の古いアプリケーションで、標準キーボードで変換候補を出した際に、表示が乱れるという現象に遭遇しました。

  • Pod / iPhone 対応の三菱自動車の純正カーナビ「MZ608920」(実際は FUJITSU TEN AVN111M) なのですが、Lightning ケーブルを使用して接続でき、動作もできました。

  • 今回のバージョンから、サードパーティのキーボードが解放されたので、試しに「mazec – 手書き日本語入力ソフト」を入れて見ました。入力の幅が広がるのは良いことだと思います。

iOS6 から iOS7 のような、見た目の大きな変化はないアップデートで、それゆえ余計に微妙な点が目立ちますが、OS X Yosemite がリリースされると、Mac との連携により、革新的な印象となるのかもしれません。

とりあえずは、Wi-Fi 関係がどうも微妙なので、アップデートで解決して欲しいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です