「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」を再度観てきました

1 回観ただけでは、よくわからなかったので、再度各種 Web 上の考察などを参考にした上で、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」(以後本作と表記) を観てきました。

しかし、同じ映画を 2 回観るのは人生初めてじゃ無いだろうか。そしてやっぱりこのエントリにはネタバレが多大に含まれますので、本作を未見の方は十分ご注意下さい。

2 回目ともなると、初見の際に感じた「戸惑い」的なものはありませんでした。既にどのような展開になるかがわかっているのもありますが、そのシーンの意味もわかるからです。(本編前の諸注意が変わっていることは知っていたのですが、ネタバレをできる限り控えてくれ、が若干前回よりエスカレートしていたような。(笑))

あと、より一層作品を理解するために、パンフレットも購入しました。私も初見の時思ったのだけれど、監督の宮本氏もやっぱりあの前半のいかにもな魔法少女もの部分の決め台詞は恥ずかしかったんだ。

それはさておき、2 回目ともなると大体の部分については、理解できました。

しかし、前回のエントリで書いていた部分、

最初から、彼女はそうなるよう仕組んでいたのか、それともあれは魔女で、結果そうしたのか。

暁美ほむらがアルティメットまどかから人間部分のまどかを分離するように仕向けたシーンですが、やっぱりいつこれを決意したのかがわかりませんでした。

劇中で、鹿目まどかが暁美ほむらに対して、一人ぼっちになることは辛いことだ、と打ち明けてはいますが、いきなりあの行為に及ぶのは普通の感覚では考えにくいのです。

もしかしたら、私の中での暁美ほむら像というのは結構純粋な感じなのですが (だってインキュベーターにまどかを支配されるぐらいなら、自ら魔女になるって言っているんですよ) 、実は相当ゆがんだ性格をしているのかも、もしくはネット上での意見として、「何度もループしていたらおかしくなってしまう」と言った内容のものを見かけたのですが、やっぱりそう言ったことなのか、うーむ、この部分だけはやっぱりよくわからないです。

そういった点を差し置いても、改めて観ることで、物語の構成、アクションシーンのすごさ、やはりなかなか面白い作品であったと思います。正直、私は物事をほめるのが非常に苦手なのですが、暁美ほむらの行動以外の点においては、2 回観て正解かつ満足でした。

実は私もそうだったのですが、1 回観て「なんだか『ヱヴァ Q』みたい」と感じた方は、もう一度、映画館に足を運んでみるのも良いのでは無いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です