LaLa Call vs 050 plus

関電系の ISP である、ケイ・オプティコムが、スマートフォン向け VoIP サービス、「LaLa Call (ララコール)」を 2013 年 09 月下旬にリリースすると報じています

これまで、このタイプの 050 番号を持てる VoIP サービスとしては、「050 plus」が有名でしたが、ここへ来て、月額基本料が 105 円 (ケイ・オプティコムの eo サービス利用者なら無料 !) という対抗馬が出てきました。

両者の料金を比較してみると、

  • 対固定では同じ 8.4 円 / 3 分。
  • 無料通話となるのは、ララコールでは、ララコール、eo 光電話などのケイ・オプティコム系電話サービス、および提携 050 IP 電話あて。050 plus では 050plus 、OCN ドットフォンなど、および提携 050 IP 電話あて。(両者の提携 050 IP 電話は相違すると思われる)
  • 有料で、ララコールが優位に立つのは、対有料提携 050 IP が 7.77 / 3 分、電話米国への国際電話で、6 円 / 1 分。(050 plus ではそれぞれ、8.4 円 / 3 分と 9 円 / 1 分。)
  • 一方 050 plus が優位に立つのは、対携帯の 16.8 円 / 1 分、対 PHS の 10.5 円 / 1 分。(ララコールではそれぞれ、18.9 円 / 1 分と 21 円 / 1 分)

となり、対携帯、PHS の場合だけ 050 plus が安く、それ以外ならララコールの方が安いか、同じ、と言う結果となります。

ただし、ララコールは月額基本料金が 105 円で、しかも eo ユーザなら 0 円というところが大きいです。(050 plus は月額基本料金は 315 円)

と言うわけで、eo ユーザの私としては、ララコールに期待をせざるを得ません。事実上維持費としては、ユニバーサル料金だけとなるので、通話品質や、アプリケーション完成度など、じっくり 050 plus と比較することが出来ます。

気になる点としては、VoIP ということで、通話内容などは暗号化されているのか、と言う点です。050 plus については暗号化されていることを、サポートに確認済みですが、ララコールについては、現状において確認できる状態にありません。(まぁ、普通に考えて暗号化するとはおもいますが)

・・・

なんだか、ララコールのプラスリリースを読んでいる限りでは、両者の機能がそっくりなんですよね。強いて言うなら、ララコールの方は、動画も送れるぐらいの違いです。