AppleCare Protection Plan 並行輸入品についての個人的見解

AppleCare Protection Plan について調べていたら、「並行輸入品」の存在を知りました。これ、国内価格に比べて大幅に安いのですけど、何か裏がありそうでちょっとだけ調べてみました。

  • まずは、平行輸入品を扱っている業者さんに聞いたところ、サービスは日本で販売されている AppleCare Protection Plan と同じ、との回答。

  • つぎに、Apple に問い合わせてみたところ、米国で購入した AppleCare Protection Plan のサービスは日本と同じではあるが、登録などは、英語での対応になるとの回答。

  • 余計混乱したので、「Apple – Legal – Sales and Support – AppleCare – AppleCare Protection Plan Terms and Conditions」より、「The United States, Canada, & Puerto Rico」の規約を確認したところ、「11. General」の項目において、

    (xv) Support services under this Plan may be available in English and French only.

    としっかり記載されていました。

と言うことで、これはあくまでも私の見解ではありますが、米国からの並行輸入品の場合、「確かに日本と同等のサービスは受けられるかもしれないが、サポートは英語またはフランス語のみで行われる可能性があるし、そうなっても文句は言えない。」と認識しました。

当たり前のことだけど、よく考えたら、サポートにかかるコストというのは、国によって異なるから、料金が変わって当然なんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です