「gdgd妖精s (ぐだぐだフェアリーーズ) BD Vol.3」観ました

gdgd妖精s (ぐだぐだフェアリーーズ) BD Vol.3」を観ました。

まず声を声を大にして言いたい。「なぜ『gdgd学園天国!』が音源として収録されていないのか」と。せっかく、妄想 3 期用に、井上純一氏が制作された楽曲なのに、これを特典に収録しないとはもったいなさ過ぎる !! 。

・・・

とりあえず落ち着いたところで、映像特典「gdgdフィギュア妖精s」を観て思ったのですが、改めて本作品のおもしろさについて、声優さんの演技力およびアドリブ力の比率が非常に大きいことを実感しました。(これは Vol.2 の gdgdキッズ妖精s の声優さんがアフレコしたバージョンでもわかる。あと露骨な声優プッシュが無いのも好感を持てる。)

無論、本編の CG による表現も面白いのですが、BD 特典において、音声だけ (CD) 、4 コマ漫画風、実写のいずれをやっても面白いので、「gdgd妖精s」と言う作品は、いろんなフォーマットで表現できるのでは無いかと思いました。

それ故に、観終わった今は、さすがに同じ作風での 3 期は無いだろうなぁ、でも、良い意味での奇抜な表現方法を用いれば、それがもはやアニメーションと言えない表現でもいけるのでは無いか、それが「gdgd妖精s」という作品の懐の深さではないかとも感じています。

もしも 3 期があるのなら、「gdgd妖精s」1 期を見たときの衝撃のようなあるものを期待したいです。かなり難しい注文でしょうけど…。

・・・

明坂聡美さんのインタビューで、BD Vol.3 購入者へのメッセージで「お金を使ったことを公開されているかもしれない。」と「暗い気持ちの時に見て欲しい。」っておっしゃっていたのがなんだか意味深でした。

Vol.3 では BD に特典として MMD データが収録されるはずだったのに、それが収録されていないという問題を起こしていあるあたり、最後もやっぱり gdgd ですねぇ。公式サイトによれば、収録予定だった該当データはサイトからダウンロードで入手、さらに BD Vol.3 同封のハガキにメールアドレスを書いて送付すれば『「gdgd妖精s」MMD新モデル(仮)』を送付するらしいけれど、これもたまたま BD Vol.3 には、BD 収納ボックスの応募ハガキが封入されていたが為に、こう言う対応が出来るという、変なミラクル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です