FlashAir を使ってみました

最近は、iPhone とかのカメラの性能が良くて、スナップ程度であれば全然問題ないのですが、光学ズームできるデジタルカメラって、やっぱり便利なんですよ。

でも、Wi-Fi 機能の無いデジタルかめるの場合、撮影したその場で、SNS にアップしたいなどが出来なくて、不便です。

とりあえず「撮影した写真をその場で iPhone に転送して、SNS 等にアップロードしたい」という用途に向きそうな、Wi-Fi 内蔵 SD カードについて、種類もいくつかあるようですので調べてみました。

で、結局 FlashAir のほうを購入しました。(Eye-Fi のダイレクトモードでジオタグが付かないのなら価格の安いこちら、と言う判断)

カードの設定も、いちいち何らかの Web サービスのアカウントを作成したりすることも無く、基本的には PC もしくは FlashAir に無線接続した端末から、単純に SSID とパスワードを設定してあげれば良いだけでした。

公式ページの対応表には書いてありませんでしたが、Nikon COOLPIX L610 + 本品 + iOS クライアントアプリで使っています。

また、普通に SD カードの URL にブラウザでアクセスしても中身を見ることができるあたりも便利だと思います。

この手のカードってカメラ本体の電池持ちが気になりますが、あらかじめ PC のユーティリティで設定することで、Wi-Fi の ON / OFF を特定の画像をデジタルカメラ側でプロテクト解除・設定することで、オン・オフを制御出来たりと、よく考えられています。(ただ、このあたりが面倒に感じるかどうかは、カメラ側の特定画像のプロテクト設定の操作性に影響されると思います。)