RTX810 で L2TP / IPsec を設定

とは言っても、ほとんど書くことは無く、YAMAHA さんが親切に「L2TP/IPsec」というページを公開して下さっているので、その通りやればほぼいけると思います。

と言うか、上記のページは凄くて、「動作確認済みクライアント一覧」セクションの「IPsec暗号化アルゴリズムと認証アルゴリズム」の項目など、凄く役立ちます。

と言うことで、RTX810 で L2TP / IPsec の設定を行うことについて、特に書くことはほとんどありません。

で、こう言う設定を行うと、本当に暗号化されているのかどうか気になるところだと思います。これ、RTX810 のコマンドリファレンスには載っていなくて、NVR500 のそれには記載があるという、packetdump コマンドを使用すると幸せになれます。「syslog debug on」に設定して、「packetdump lan2 100」とかすると syslog サーバ上またはルータのログにおいて 16 進でパケットのダンプが表示されます。

できれば、ASCII も表示してくれたらなぁ、と思いつつも、ルータにパケットダンプする機能が載っているだけでもありがたいと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です