eo 光 + RTX810 ステータスランプの点灯

自宅に RTX810 を導入したわけですが、

  • eo 光 (100Mbps) に接続する設定を「かんたん設定ページ」でブラウザ経由で ISP 設定を行った場合で、常時接続設定を有効とすると、回線自体は接続できているにもかかわらず、RTX810 の「STATUS」ランプが橙色で常時点灯する現象

について、対応方法のメモ等です。

・該当 pp の接続に対して以下を追加する。

ppp ipv6cp use off

RTX810 のログを見ている限り、「PPPOE[01] Disconnected, cause [PPP: IPV6CP Timeout]」が発生しており、これの影響で実際には接続できているにもかかわらず、「STATUS」ランプが点灯してしまうのでは無いかと思われます。

なお、参考までに、私の RTX810 について PPPoE 設定のみに関する部分の抜粋は以下の通りです。
※実際にはフィルタリングやその他の設定も行っています。

pp select 1
 pp keepalive interval 30 retry-interval=30 count=12
 pp always-on on
 pppoe use lan2
 pppoe auto disconnect off
 pp auth accept pap chap
 pp auth myname [eo 光の認証アカウント] [eo 光の認証パスワード]
 ppp lcp mru on 1454
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ccp type none
 ppp ipv6cp use off
 ip pp mtu 1454
 ip pp nat descriptor 1000
 pp enable 1
nat descriptor type 1000 masquerade

ちなみに pp (この例では pp1) の設定を行う場合は、下記のようにします。

# pp disable 1
# disconnect pp 1
# pp select 1

※この間で pp の設定を行う。

# pp select none
# pp enable 1
# connect pp 1

設定する pp を一旦無効にし、回線を切断した状態で、PP の設定を行う。完了したら、pp を有効にして、回線を接続する。(pp enable 1 を実行した時点で、上記のような常時接続設定だと接続が開始されるようです。)

別に「スピード命」と言うわけでもないのですが、それにしても、ルータを今までの家庭用から RTX810 (不正アクセス検知有り・フィルタなども設定済みなのに) に変更しただけで、「ケイ・オプティコム回線 スピードテスト」での結果で、変更前よりも 20Mbps 程度も下り方向の速度が上がるとか、さすが。(現在 100M 契約ですが、下り 70Mbps 程度は出ます。)

eo 光 + RTX810 ステータスランプの点灯” への3件のコメント

  1. はじめまして。 同じように eo光でRTX810のランプが常時点灯します。
    Ppoe接続のみです。

    インターネットはできています。何が原因なのでしょうか?
    デバックモードでもエラーは1時間ほど出ていません。

  2. 恐れ入ります。自己解決です。

    IPV6CPに関する 表示でした。

    使っていないので、 以下で save

    これでは変化なしです。
    pp select 1
    ppp ipv6cp use off

    さらに
    disconnect 1

    で オレンジ点灯が消えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です