ゆるゆり♪♪ #12

「ゆるゆり♪♪」最終回である第 12 話「さらば主人公、また会う日まで」をバンダイチャンネルで視聴しました。

今話数は、観れば分かるかと思いますが、本編中ではあかりへのアニメスタッフの愛が溢れていたように思います。(あかりへのフォロー、終盤でのあかりの存在感など)

特に、B パートは、あえて劇中劇を行うことで、「ゆるゆり♪♪」が最終回を視聴者側に印象づける演出でした。

例えば千鶴が実弾が出る火器を持っていたりとか、京子が段ボールの花を食べてみたりとか、あたかも夢を見ているかのような奇妙な劇だったことも、さらに「ゆるゆり♪♪」がフィクションであることを強く印象づけているように思われます。

※しかし、京子が結衣とキスするシーンは事故とは言え、ここは実にナチュラルだったと思う。

極めつけは、劇中劇が終わったときに、衣装ではなく、七森中の制服でキャストが出てきて挨拶しているところなど、まさに「TV アニメーションの『ゆるゆり』は終了したんだよ」、と言うことを表現したい以外の何物でもない表現だと思いました。

ここまで思い切った終わり方をしているので、もしかすると残念ながら 3 期の予定はないのではないかと思えて仕方がありません。

さて、「ゆるゆり♪♪」を全体としてを観た場合、1 期よりも実験的要素が多かったように思います。一般の方の声を使用してみたりとか、特殊 OP / 特殊 ED を使ってみたりとか、サザエさん時空で修学旅行をもう一度行う、タイムトラベルを行う (まぁ、これは京子の紙芝居なのですけどね) などですね。ちょっと日常空間を越えているエピソードが 1 期と比較しても多かったようにも思えますし。

「ゆるゆり♪♪」は終わってしまいましたが、まだソフトとしての販売は始まったばかりなので、BD になって、それらにどのようなコメンタリがつくのかという楽しみが残っているとも言えます。

・・・

それにしても最終回・・・。来週から、何を楽しみに月曜日を乗り切れば良いというのだ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です