WordPress で WPSuper Cache + WPTouch を併用する場合

WordPress で WPSuper CacheWPTouch を併用する場合ですが、何も難しく考えることはなく、以下のようにすれば良いことがわかったので覚え書きです。

■基本的な方法

  • WPSuper Cache と WPTouch をインストールする。
  • WPSuper Cache の設定を下記の状態に変更し、「ステータスを更新」とする。
    • 「詳細」タブにおいて、以下にチェックを入れる。
      • ヒットしたページをキャッシュし、素早くアクセスさせる。 (推奨)
      • キャッシュファイルの提供に mod_rewrite を利用する。 (推奨)
      • Mobile device support. (External plugin or theme required. See the FAQ for further details.)
  • 「プラグイン」タブに移動し、WPTouch を「有効」とする。
  • 再度「詳細」タブに移動し、「Mod_Rewrite ルールを更新」のボタンをクリックする。

以上で終わりです。

■注意事項

上記は、mod_rewrite を使用している場合の設定であることと、WordPress インストールディレクトリの .htaccess ファイルに対してウェブサーバのプロセスから書き込みが可能であることが必要です。

■何故いまさらこんな記事を書いたのか

Safari の「開発」メニューでは、iPhone の Mobile Safari のユーザーエージェントを設定でき、これで動作を確認できますが、一旦モバイルページを表示した後、ユーザーエージェントをデフォルトに戻しても、引き続きモバイルページが表示されるという現象が発生していて、何故なのか、悩んだんですよねぇ。

しかし、一度モバイルページがキャッシュされたページを、表示テストに利用した Safari 意外のデスクトップブラウザで表示すると、PC 用のページが正常に表示される挙動から推測するに、WPTouch プラグイン側で、このブラウザはモバイル表示 ON という記憶をしているように思われます。

と言うわけで、こう言うエントリを書いてみました。