FlashForward が割と悲惨な終わり方をした・・・

Dlife でオンエアされていた「FlashForward」、物語の構成上で、何となく打ちきりとなったリメイク版「V」と同じような印象を受けていたのだけれど、このドラマもシーズン 1 で打ち切りとか・・・。(Dlife が放送しないんじゃ無くて、そもそも「フラッシュフォワード シーズン 2」そのものがこれを書いている現時点で存在しない)

しかも、ある意味すがすがしくも投げやりに終わったリメイク版「V」(もうあれは、あれでちゃんと結末ついたとも言えるし) とは違って、こちらはシーズン 2 を前提としたような終わり方をしているだけに、何ともモヤモヤした状態だ。

それほど米国ドラマを見ているわけではないので、あくまでも個人的感覚だけど、打ちきりになっちゃうパターンって、

  • ストーリーは比較的単純である。
  • にもかかわらず、やたら目茶苦茶伏線を張る。
  • 唐突かつ頻繁に国外へ行く。
  • 登場人物が無駄に多い。
  • それほど重要では無い登場人物の行動に一貫性が無い。
  • かつ、特に重要で無い人物のサイドストーリー的なもので丸々 1 話使っちゃう。

のような気がする。

要するに FlashForward も、中だるみしてしまったのが良くなかったのかもなぁ、と思える。(特に、東京訪問エピソードとかいらないだろうと思う)

マーク、死んじゃったのなぁ。ヘリに向かってダイブしていたから、ヘリの操縦者・搭乗者が QED をしていたら、助かった可能性もあるだろうし。

なんというか、視聴側まで酒を飲みたくなるような終わり方でした。