MacBook Aluminum Late 2008 に OS X Mountain Lion をインストール

OS X Mountain Lion を、動作要件ぎりぎりである MacBook Aluminum Late 2008 にインストールをしてみました。なお、該当マシンは、Core2Duo 2GHz でメモリは 4GB 、Lion からの上書きインストールです。

Snow Leopard から Lion の際に、PPC アプリ切り、動作が重くなるを経験しているので、今回はさらにやや重くなったかな、と言う程度で、Web 閲覧やメールなど重い作業を行わない限り、特に問題なさそうに感じました。(iPhoto でフォトストリームを同期させている最中などはちょっと厳しい感じ。)

インストール自体は、Lion のそれとほぼ同じで、何にも考えず簡単に完了しました。

インタフェース面では、iOS との統合をさらに意識した感じで、意外にもこれはありなのでは無いかという印象です。(もしかしたら Lion よりはましになったかもしれない)

ただし iOS との統合を意識する余り、Safari 6 の設定で、デフォルトフォントが変更できないのは、ちょっとやり過ぎな感じは受けます。(こちらは CSS を作成することで回避は可能ですが・・・)

あとは、Twitter との連携や、通知センターなど、ユーザとしては便利ですが、サードパーティアプリ殺しでもありますね。

おそらくですが、次期 OS X ではさらに iOS との統合が進むんでしょうね。すでに Lion から「OS X」だけの表記となり、「Mac」の文字が抜けている事から、もしかしたらハードウェアの方もそうなるのかもしれませんねぇ。

※例えば、コンシューマ向け製品である、MacBook Air 相当が iBook (懐かしい名前だ) になったりとか、iMac が iDesk とかになったりとか。(iDesk はセンス無いな、自分)