「七森中♪うたがっせん」に参加してきました

東京方面への旅行をかねて、1 泊 2 日で、ゆるゆりライブイベント「七森中♪うたがっせん」の昼の部へ参加してきました。いっぱい楽曲が聴けて楽しかったよ。

前日に関東入りはしていたものの、17 日当日 Twitter 等を確認したところ、早朝時点で物販待機列ができているとの情報があり、現地に8時過ぎぐらいに到着したのだけど、その時点で数百名の待機列が。その時点の最後尾に並んで、しかし、その後も私の後ろに待機列は延びる一方。

私としては、一般流通に乗っていない「ミラクるん」の CD が入手できればそれで良かったのですが (たぶん私は Funta のサウンドが好きなんだと思う) 、既にかなり並んでいるし、果たして購入できるのか、さらに物販開始が11時からなので開演までに会場にはいれるのかが心配でした。

結果としては、12 時過ぎにようやく物販スペースに入場できて、件の CD と、ついでとは言っては何ですが、記念に今回のライブのパンフレットも購入しました。

先にも書いたとおり、私の場合、物販列に並んだのが 8 時過ぎで実際に物販スペースに入場できたのは 12 時過ぎぐらいだったので、開場にも十分間に合う感じでしたが、はるか彼方後ろのほうに並んでいた人たちは開演に間に合ったのだろうか心配。。。

物販に関して概ね良いとは思うのですが、ただ、ゆるゆりおみくじ、これはちょっとえぐい商売だと思いました。私は 1 回だけ引いてみたのですが、小吉。うーん紙切れ一枚に300円。

これ、最大5回引けるのですが複数回引いて大吉か大凶 (いわゆる当たり) 以外しか出なかったら涙目ものだろう。当選確率がいかほどかは開催者のみぞ知るのだけど、これはいただけない。せめて500円にして、基本いわゆるハズレでもなんらかのグッズが付く様にすれば、ここまでのえげつなさは無かったように思います。

さて、ライブ会場のほうは、BD 、CD 先行販売で 1F B エリア後方だったのですが、危惧していたほどに舞台が遠いと言う感じはありませんでした。傾斜もちゃんと付いており、前の人が邪魔になると言うことも無く、ちゃんと出演者が判別できるレベルで見られました。

流石に出演者の表情はオペラグラスを使わないとわかりませんでしたが、ちゃんと大型モニタスクリーンもあったので、遠方座席でも楽しめる様に配慮はされていました。

でもやっぱり A エリアの人はいいなぁ。途中、ハート形の紙が上から降ってくる演出があったのですが、A エリア辺りまでしか飛ばず、しかもそれらにはすべてメッセージが書かれていたらしく、なんて書いてあったんだろうか。

ライブ自体は、基本的にとにかくキャラソンのカップリングまで歌う (赤座あかりの「背景」ももちろん) 、MC がほとんど無い、楽曲メインを徹底もので満足でした。試聴だけで、フルで聴いたことの無い楽曲もちゃんと聴けて、気になる楽曲は、今度配信で買ってみようかなと思いました。

楽曲も素晴らしく圧倒されたのですが、それと同じぐらい圧倒されたのが、観客のサイリウムの準備率、並びにかけ声は圧倒される勢い。自爆する人のダイナマイトよろしく、お腹にサイリウムをぐるっと巻いている方を見かけたり、大分後ろから見ているのに、最前列付近の観客とか跳躍力が半端ないほどジャンプしていたのがわかるぐらいだったし。

それにしても、サイリウムの振り方からかけ声まで、すごく揃っていたのですが、あれは、誰かが考えているものなのでしょうか ? いやー、出演者も観客も凄いの一言です。

池田千歳役の豊崎愛生さんが他のイベントの関係上か、今回は出演されなかったのですが、その代わりサプライズで池田千鶴役の倉口桃さんがサプライズで出演。「あなたのシアワセ うちのシアワセ」を千鶴バージョンで披露されました。それにしても効果音の「ダバー」って。

途中のギガギガ団はちょい長かったかも。謎ダンサーズが舞台上をウロウロする謎時間。数分感の会場の空気が微妙に。しかし、直後にミラクるん役の竹達彩奈さん登場で一気に会場のテンションがマックスに。やっぱり人気あるんだなと再認識。

会場の 99% 近くが男性だったのに、船見結衣役の津田美波さんが出てくると数少ない女子から黄色い声援が。やっぱり、ガールズイベントはあって良かったんだとこちらも納得。

さて、ゆるゆりの楽曲の中で私は一番「マイペースでいきましょう」が好きなのだけれど、これをアンコールを含めて 2 回も歌ってくれたのは嬉しかった。 特にアンコールのほうは、ごらく部+生徒会 + 千鶴が全員で歌ったのが印象的だったのと、2 期 OP の「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」をごらく部面々がフルで歌ってくれました。

そんなこんなで、あっという間に終わった感じでした。しかし事実上ずっとスタンディングだったので疲れたぁ。でも出演者の方々は夜の部もあるし、大変だ。

・・・

で、そんなライブ初参加の私の正直な感想ですが、楽曲をたくさん生で聴けて良かったのですが、客席の一体感はすごい。いまいち私は乗り切れずなんだか、取り残された感じ。

私自身、なんだか妙に醒めているというか、斜めから見すぎと言うのもあるのかもしれないけど、このライブを企画するに当たって、出演者ももちろんそうなんだけれど、裏方の企画、運営、さらに演出される方も大変だなぁ、と考えてしまいます。

なんと言うか、出演者の方の本業である声のお仕事以外にも、ライブ (それも昼夜の 2 回も !!) までこなさなければならない現実、そしてそのための練習や準備などを考えると、本当に今の声優さんって大変なんだなぁ、とまるで親が自分の子供が一生懸命やっていて、大丈夫かなと心配めいたものを感じてしまいましたよ。まぁ、私には子供はいないのですが。

あとは、出演者の人のがんばりが凄すぎて、自分自身はそこまで頑張ってないし、とてもじゃないが頑張れないって、なんか何に対してなのかわからないのだが申し訳ないような・・・。

そういえば、最後の方、歳納京子役の大坪由佳さんが泣いてられたが、19 歳だし、ナチュラルに泣いていたんだろうなぁ。まだ若いのに、凄い笑顔が可愛いし、頑張ってられたし。私が 19 の時の事を思うと、本当に私の方が生きていてごめんなさい的な発想になってしまう。

どうも、自分自身観客なのに、出演者とも他の観客とも違う視点からライブを見てしまった感がある。。。きっと、この特殊な空間で、サイリウムをふって、大声でかけ声したり飛び跳ねたりするのが正しいんだろうなぁって。

しかし、いろんな意味で有意義だったし楽しかったです。出演者、裏方のスタッフの方を含め「ありがとう」と言いたいと思います。

・・・

■追記

アニメ「ゆるゆり」公式アカウント」さんが『ゆるゆりライブイベント2「七森中♪うたがっせん」 セットリスト!!』を公開して下さいました。アンコール含めて 30 曲もやるライブって、あらためて凄いと思いました。