iMac 17-inch Late 2006 へ OS X Lion インストール

Snow Leopard で運用中だった、iMac 17-inch Late 2006 (メモリ 2.5GB) へ OS X Lion を導入した。

もちろん、iOS 5 で対応した iCloud をデスクトップの Mac でも使用するためである。

実のところ、もっと早いうちに Lion をインストールする予定だったのだけれど、サブマシンの MacBook には既に導入していた上、デスクトップの方は面倒なのと、マシンスペックが低いので重くなるかもしれない、と言う点で先送りしていたのだった。

結論から言うと、iMac Late 2006 での Lion は無茶苦茶重いと言うこともなく、普通に動いた。

※体感的には通常時で Snow Leopard よりちょっと重いかな、という感じ。ただ、重い処理を行うと、やっぱり速いマシンが欲しくなるかもしれない。ディスクアクセスが足を引っ張っているような感じがしなくもない。

・・・

余談だけど、「やっぱ Lion ちょっと重いな」と思い、Snow Leopard 環境に戻そうと思い、Time Machine から復元しようとして、大変な思いをした。(結果的に Snow Leopard 環境に戻すことは断念したので、余計に何をしたのかわけが分からないのが悲しい。)

Time Machine から 10.6.8 だった頃のバックアップから復元するも、復元後の環境にログインすると、Safari 、Mail などが起動しない。さらに古い日付を選択して復旧しても同様の問題が発生。(このとき、リカバリー HD 領域も消去してしまって、後で面倒なことになった。)

仕方が無いので、Lion の起動ディスク (作成しておいた) で起動して Lion 環境を復元したところ、リカバリー HD 領域が作成されず。

面倒なので、OS X Lion 上で OS X Lion のインストーラを実行、これでリカバリー HD 領域が確保され、この領域で立ち上げて再び Time Machine から Lion 環境を復元。

合計 4 回も復元したわけだけど、何の生産性もない行動だった。こういうなのを「コンピュータに使われている」と言うのだろう。

今回の教訓、「新しい OS をインストールしたら、戻す手段があっても安易に戻すな。」である。

・追記

結局は、デスクトップマシンでの OS X Lion にどうしてもなれることができなかったため、「iMac 17-inch Late 2006 の OS X Lion を Snow Leopard へ」のとおり、Mac OS X Snow Leopard に戻したんですけどね・・・。