最近スタートレック分が少ないので

Star Trek PADD」を購入してみた。iPad 上で Star Trek のデータベースを LCARS インタフェースで閲覧する、という体験ができるアプリ。

しばらく放置しておくと、USS ENTERPRISE NCC1701D のワープコアのスキャン画面や、船内図が出たりする。

収録されている内容に関しては、それぞれのセクションごとにアルファベット順に並んでいる。また検索も可能。ただ、エピソードガイドに関しては、シリーズごとに分ける、放映順に並び替えるなどができないので、目的の情報には辿り着きにくいように感じた。(ゆえに、どれほど網羅されているかよく分からない)

せっかく iPad にはマイクも付いているので、音声コマンド入力もできたら面白いのに、と思った。

と言うか、LCARS のインタフェースだが、なんかこう、すごく忙しない。これはお遊びだから良いけど、現実のコンピュータのインタフェースがこれだったら、眼を酷使しそうだし、音も頻繁に鳴るので、精神を病みそう。(あ、このインタフェースに耐えることができるものだけが連邦士官になれるのか・・・)