Mac: PowerBook G4 12″ 1GHz + Debian GNU/Linux 6.0 squeeze [テスト版 (testing)] インストールメモ

余っている PowerBook G4 12" 1GHz に Debian GNU/Linux 6.0 squeeze (PowerPC) [テスト版 (testing)] をインストールした時のメモ。

■インストールそのもの

特に lenny の時と変わっていない。

■ AirMac (無線 LAN)

・apt の設定とパッケージのインストール
/etc/apt/sources.list に contrib non-free を加えて
# apt-get update
# apt-get install firmware-b43-installer wpasupplicant

・設定ファイルの作成
# wpa_passphrase "ssid-name" "wpa-key"
出力された内容を /etc/wpa_supplicant.conf に記述 (権限は root:root 600 で)

/etc/wpa_supplicant.conf

network={
    ssid="ssid-name"
    proto=WPA
    key_mgmt=WPA-PSK
    psk=key
}

/etc/network/interfaces

auto wlan0
iface wlan0 inet static
    address 192.168.1.201
    netmask 255.255.255.0
    network 192.168.1.0
    broadcast 192.168.1.255
    gateway 192.168.1.1
    dns-nameservers 192.168.1.1
    wpa-driver wext
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant.conf

上記の設定を行っても、私の環境では network-manager パッケージが入っていると、以下のようなログが出て、まともにアクセスポイントに接続できなかった。

wlan0: associated
wlan0: deauthenticating from xx:xx:xx:xx:xx:xx by local choice (reason=3)

したがって、network-manager を削除した。
# apt-get remove network-manager

再起動後、比較的安定してつながるようになった。(ただ、少し微妙かもしれない)

■ X.Org Server の設定

該当マシンは nvidia のグラフィックを搭載しているのだが、最初、どうやっても 256 色以上の色深度が出せなくて困ったのだが、原因は X Server として「xserver-xorg-video-nouveau」が入っていたことのようだった。

「xserver-xorg-video-nv」パッケージが入っていることを確認した上で、「xserver-xorg-video-nouveau」を削除する。
# apt-get remove xserver-xorg-video-nouveau

/etc/X11/xorg.conf を置いてみたり、設定を変えてみたりしたのだが、「xserver-xorg-video-nouveau」の説明が「X.Org X server -- Nouveau display driver (experimental)」とかだったので、削除してみたら上手くいった。