Mac: PowerBook G4 12" 1GHz の AirMac を Linux で使うメモ

自分用メモ。

・apt の設定
/etc/apt/sources.list に contrib を加えて
# apt-get update
# apt-get install b43-fwcutter wpasupplicant

・設定ファイルの作成
# wpa_passphrase “ssid-name” “wpa-key”
出力された内容を /etc/wpa_supplicant.conf に記述 (権限は root:root 600 で)

/etc/wpa_supplicant.conf

network={
    ssid=”ssid-name”
    proto=WPA
    key_mgmt=WPA-PSK
    psk=key
}

/etc/network/interfaces

auto wlan0
iface wlan0 inet static
    address 192.168.1.201
    netmask 255.255.255.0
    network 192.168.1.0
    broadcast 192.168.1.255
    gateway 192.168.1.1
    dns-nameservers 192.168.1.1
    wpa-driver wext
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant.conf

上記設定にあたり「Ubuntu Edgy で無線LAN を WPA-PSK で使う – shag の日記」を参考にした。感謝。

・追記 (2010/11/06)

Debian GNU/Linux squeeze なデスクトップ環境で AirMac (Wi-Fi) カードを使用する場合、以下の様なログが出力され、そのままでは正常に接続できなかった。

wlan0: associated
wlan0: deauthenticating from xx:xx:xx:xx:xx:xx by local choice (reason=3)

これは、以下の手順を最初に行っておくことで、恒常的に接続できるようになった。

  • ネットワークマネージャが動作していると上手く接続が確立しないので、削除する。
    # apt-get remove network-manager
  • firmware-b43-installer パッケージをインストールする。
    # apt-get install firmware-b43-installer

あとは、同じ手順で接続できた。