Mobile: これで、iPhone のバッテリーの心配が軽減される、はず。

PHS の世界から移ってきたからかもしれませんが、iPhone って結構バッテリーの消費が早いように思います。

出先などでバッテリー切れを心配して、思う存分使えなかったら無意味なので、 eneloop 電池 2 個付きな「eneloop stick booster」を買ってきました。

※この製品、本来は 12 月ごろに販売されていたはずなのですが、なぜか発売延期されていて、ずっと欲しいなと思っていたのでした。価格は近所の家電量販店で ¥1,920 でした。


充電済みの eneloop が 2 本付いている。

ただ、この製品は eneloop に対しての充電機能はないので、eneloop 充電器をもっていない場合はそれも必要になります。


こんな感じで、iPhone を充電可能。

eneloop の製品で、似たようなものは以前からありましたが、かばんの中でかさばりそうなのと、ちょっと価格が高かったのが購入に踏み切れない要因でした。

その点この製品は、非常にコンパクトなので、かさばらないし、既に充電器をもっている場合、充電機能は必要ないのでその分安くてなかなか良いのではないかと思います。
※なお、説明書の推奨電池の項目ですが、eneloop 以外の電池も使えそうにも読めます。

ちなみに説明書とは別の紙に、「iPhone OS 2.2 以前の場合は、iPhone のバッテリー残量が少ないと充電できない場合があるので、iPhone OS の更新を勧める」旨の記載がありました。

ただ、iPhone は、バッテリー残量がかなり少ないと、USB 5V 500mA で充電ができない、という情報もネット上で見かけるので、バッテリー切れが迫ってきたら早めに充電するに超したことはないと思われます。

・追記
iPhone 3G S のバッテリー残量が赤色表示 (残り 20% を切った状態) で、eneloop stick booster を接続したところ、正常に充電されました。eneloop 2 本で大体 80% 弱程度まで iPhone のバッテリーを充電することができるようです。