Mac: iPhone 3.0 Software Update for iPod touch を購入した

iPod touch 向けのアップデータ、「iPhone 3.0 Software Update for iPod touch」がリリースされていましたので、iTunes Store より ¥1,200 で購入して手持ちの iPod touch (1G) にインストールしてみました。

特に便利になった点としては、Apple のページではふれられていないようなのですが、この改善は大きいだろうと思われるのが、右図のように、日本語の曲名やアーティスト名などがちゃんと「あかさたなはまやらわ」で選択できるようになったこと。
今までだと、全て "#" にまとめられていて、日本語の楽曲・アーティストが検索しづらかったのですが、今回のアップデートにより、だいぶん使いやすくなっています。

入力面に関しては、カット & ペーストの編集機能もようやく使えるようになって、メールやメモで入力するのもだいぶん楽になりそうです。

あとは、Spotlight 検索。
最初、どうやって検索画面を表示するのか分からなかったのだけれど、なんのことはない、ホーム画面の最も左側が検索画面になっていました。(ホーム画面にて、ホームボタンを 1 回押しても表示されます)
左の画像では、音楽だけしか検索結果に表示されていないけれど、他のキーワードでは、ちゃんと横断検索されていました。

iPod touch は楽曲をシャッフル再生にしていても、シャッフルが一巡すると、また同じ順番で再生されるのが嫌な点でした。今回のアップデートで密かに本当の意味でのシャッフル再生ができるようになっていないか期待していたのだけれど、この仕様は相変わらず。残念。

ただし、今回のアップデートで追加された機能、iPod touch をシェイクすることでのシャッフル再生では、曲順が再度シャッフルされるみたいで、まぁ曲順を変えたくなったら、iPod touch を振ればよいということか。


また、Safari では、リンクを少し長めに押していると、右図のように、新しいページで開いたり、リンク先 URL がコピーできるようになっていました。
まぁ、新しいページで開いたページが重たいページの場合、そのページを閉じてもとのページに戻ってきた際、再読込が発生することがあるのだけれど、それでも今までページという機能がありながら、ユーザ側の操作で新しいページでリンクを開くことができなかったことを思うと、これも地味ながら改善されています。

また、メモが Mail.app の「備忘録」とシンクするようになっていました。

と、アップデート直後の感想としては、今までの iPhone OS のメジャーアップデートと異なって、新しいアプリの追加や派手な機能追加はあまりないように思える (特に iPod touch 1G ユーザか見ると) けれど、地味ながら使いやすさの向上に直結する改善点がとても多い今回のアップデート、なかなか良いのではないかと思いました。