「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観てきました

私がアニメの世界にはまる事を決定づけたアニメーションと言えば、新世紀エヴァンゲリオンなのですが、その新しい劇場版、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 序」が公開されたので、早速観てきました。

「序」と言うこともあり、ストーリーはほとんど TV シリーズと変化はありません。映像面では、地味なところではシャムシエルの足が動いていたりなど色々ありますが、なんと言っても、ラミエルの攻撃性能が非常に高くなっていること。あれは凄い。

映画全体としてみた場合、先にも書いたとおり、内容が現段階では TV シリーズと乖離したストーリーではないので、内容的には、特に可もなく不可もなし、という感じで、実に普通です。ただし、全くエヴァンゲリオンを知らない人が本作を観たら、それはまた別の感想となるのでしょう。

本作について、極論を言えば、映像が新しくなった、という事に尽きるのかも知れません。故に、個人的には、TV シリーズを観た人であれば、「序」は観なくても、次作の「破」の鑑賞には特に問題がないように思いました。

なお、最後に流れた次の劇場版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破」の予告編ではそれを見る限りでは、だいぶん TV 版と設定が変更になっている箇所も多そうで、どういう風に話を組み立ててくるのか、非常に楽しみです。