Net: 自宅サーバから eo 光の SMTP サーバにメールをリレーする

※このエントリーは、自宅サーバで公開していたものを、一部修正の上、こちらの Blog に転載しました。

OB25P 対策として、自宅サーバから eo 光のメールサーバに送信メールをリレーさせることですが、下記の設定を行うことによりに成功しました。

方法は下記の通りです。
なお、下記の情報は無保証です。ご自身の責任において、この情報をご利用下さい。

  • 必要な物
    eo 光ネットのメールアカウント
    Debian GNU/Linux
    Postfix なメールサーバ
  • 必要なパッケージをインストール
    # apt-get install postfix-tls
    # apt-get install sasl2-bin
    # apt-get install libsasl2-modules

  • /etc/postfix/sasl_passwd ファイルを作成
    内容は下記の通りです。なお、念のため、所有権は root:root 、アクセス権は 600 で作成しました。
    smtpauth.eonet.ne.jp:587 username:password

    ※ username は eo の POP ID 、password は POP パスワードに置き換えてください。

  • /etc/postfix/sasl_passwd.db ファイルを作成
    /etc/postfix ディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行します。
    # cd /etc/postfix
    # postmap sasl_passwd

    なお、作成される sasl_passwd も、所有権は root:root 、アクセス権は 600 に設定しました。

  • /etc/postfix/main.cf ファイルを設定
    /etc/postfix/main.cf ファイルに下記の記述を追加します。
    relayhost = smtpauth.eonet.ne.jp:587
    smtp_sasl_auth_enable = yes
    smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
    smtp_sasl_security_options = noanonymous
    smtp_sasl_mechanism_filter = cram-md5

  • Postfix を再起動

私の環境では、これできちんと eo の smtp 認証を行っているサーバに中継が行えました。普通にメールクライアントからメール送信しているのと変わらないので、PHS 宛にもメール送信ができました。

しかし、eo 光の smtp 認証を行っているサーバって、通常のとは別だったのですね。ここを見落としていたせいで、もの凄くつまってしまいました。(単に自分が間抜けなだけですが・・・)

なお、最後になりましたが、主に下記のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。