Mac: VMware Fusion 1.0 のライセンスをプレオーダーしてみた

結果的には VMware Fusion のライセンスをプレオーダーしたわけだけど、その前に、VirtualBox for OS X Hosts Bata 1 も少し試してみました。

VirtualBox はまだ Beta 1 という事もあって、すでに Beta 4 の VMware Fusion と比べるのは非常に酷な話ではあるのは分かっているのだが、それを引いても気になった項目だけ。

  • キーボードが何故か英語キーボードとして認識されてしまうようで、一部文字が入力できない
  • NUM キーロックが出来なかったので、テンキーがカーソルキーとして挙動する

という現象が発生したので、現段階で日本語キーボードではちょっと使用するのは辛そう。

それ以外は、普通に動作しているようでした。VMware Fusion のように、ファイルのドラッグドロップで「仮想マシン⇔実マシン間のファイルのやりとり」とかは出来ないけれど、これは LAN 内の FTP サーバ経由でやりとりすれば問題ないし。

しかし、やはりキーボードの問題はかなり大きい。と言うわけで、VMware Fusion 1.0 のライセンスを購入してしまいました。

まだ製品版が出る 8 月まで相当日数があるので急ぐ必要はないのだけど、製品版が出ると同時にプレオーダー価格 $39.99 で購入できなくなるようなので・・・。

ちなみに発行されたライセンスは、VMware Fusion beta 4 以降のベータリリースと製品版で有効みたいだったので、早速 VMware Fusion beta 4 に入力して VMware Fusion を再起動したら、使用期限が無くなりました。

Mac: VMware Fusion 1.0 のライセンスをプレオーダーしてみた」への2件のフィードバック

  1. > NUM キーロックが出来なかったので、テンキーがカーソルキーとして挙動する

    当方のiMacのキーボードでは, *clear*が Num Lock 代わりになっているようです.
    試してみてはいかがでしょうか

  2. なるほど、clear キーで代用できるのですね。

    残念ながら、私は Fusion を使用してしまっているのですが、また何かの機会に役に立つと思います。

    とても有用なコメントをありがとうございました。

コメントは停止中です。