Mac: SMB プロトコルを利用してWindows Xp Home Editionの共有プリンタへ印刷する

前回は、UNIX用印刷サービスでの設定をしたのだけれど、SMBプロトコルを利用しての共有プリンタへの印刷が出来たので、そのメモ。

設定の際に、装置のURIの部分を「smb://GUEST@・・・」とGUESTユーザで共有プリンタに接続する事を明示的に指定したら、上手くいきました。(なお、Windows Xp Home Editonでの設定です。他のバージョンのWindowsだとたぶん違ってくると思います)

ちなみに環境は前回と同様、下記の通り
・クライアント : PowerBook G4 12′ (Mac OS X 10.4.4)

・ホスト : Windowsマシン (Windows Xp Home Edition SP2)
・ホストに接続されているプリンタ : Canon PIXUS iP4200
・プリンタ共有名 : iP4200

Windows側の設定は、普通にWindows同士で共有するような設定にしておいてください。

Mac OS X側の設定は、例によって「プリンタ設定ユーティリティ」の「プリンタブラウザ」から行います。
ここで、「ほかのプリンタ…」ボタンを、キーボードのoptionキーを押しながらクリックします。
次の画面で、一番上のプルダウンメニューから「詳細」を選び、下記の要領で設定していきます。
装置 : 「SAMBA を利用する Windows プリンタ」を選択
装置名 : 適当な名前を設定
装置の URI : 「smb://GUEST@ワークグループ名/ホスト名/プリンタ共有名」という形で入力
プリンタの機種 : 設定するプリンタに適合するものを選択

ワークグループが「WG」、プリンタが繋がっているWindowsマシン名が「WINXP」、プリンタの共有名が「iP4200」であった場合の設定例。
装置のURIは「smb://GUEST@WG/WINXP/iP4200」となります。