Bonjour for Windowsを使ってMacの共有プリンタへ印刷

Bonjour for Windowsというのがしばらく前にAppleからリリースされています。
これには「Bonjour プリンタウィザード」という、Mac OS X 10.4 Tigerで共有設定されているプリンタへ印刷できるようにする機能もあるのですが、WindowsからMacに接続されたインクジェットプリンタへ印刷できなくて悩んでいました。

AppleのDiscussion Boardsを眺めていると、どうやらWindows側のプリンタ設定では、印刷しようとしているプリンタがインクジェットプリンタであろうとも、プリンタドライバはPostScriptプリンタのものを選ばないとダメのようです。

ちなみにうちは、下記のように設定したところ、あっさりとWindowsからMacに接続してあるインクジェットプリンタへ印刷できました。

・Mac側
「システム環境設定」の「共有」内「サービス」の「プリンタ共有」にチェックを入れる。

・Windowsマシン側
Bonjour プリンタウィザードを実行し、接続したいプリンタを選ぶ。ドライバを選ぶ画面になるので、ここでは適当なプリンタドライバで設定。

コントロールパネル内の「プリンタと FAX」をから、先ほど設定したプリンタを右クリックしてプロパティを選択。

「詳細設定」のタブを選び、「新しいドライバ(W)…」をクリックして、一覧から「Apple Color LaserWriter 12/600J」を選択。(うちはカラープリンタなのでとりあえずこれで)

「OK」ボタンをクリックしてプロパティの画面を一旦閉じる。

もう一度、設定したプリンタを右クリックしてプロパティを選択し、「全般」タブの「テスト ページの印刷(T)」をクリックし、Macに接続されたプリンタからテストページが印刷されるかどうかチェック。ちゃんと印刷されたらOK。

参考までにWindowsマシンの設定後の該当プリンタの詳細設定はこんな感じになってます。ドライバの項目が「Apple Color LaserWriter 12/600J」になっています。

・追記
この設定で印刷をしていたら、ある日から突然カラーがマッチしなくなりました。原因はプリンタのカラーインク切れの様で、どうやらネットワーク側からモノクロ印刷を行った場合でも、カラーインクを使用して黒を表現して印刷される模様です。という訳で、上記設定はプリンタのインク代という観点からは全くよろしくないです。(^_^;)

・追記(2006/02/05)
Mac OS XからWindowsマシンの共有プリンタへの接続についてはこちらを参照